« 昨日大雪、今日天気 | トップページ | マクラーレンの新車シェイクダウン »

2006.01.23

ウィーン少年合唱団公式サイトのニュースから

いや、別にとりたてて興味深い記事があったわけではありません。ネタがないから、ムリヤリ拾ってきました。まあ、私が、自分の好きなソリストや好きなCDの萌え話を書くよりははるかに良いだろうということで。

http://www.wsk.at/deutsch/neues_d/neu_main.html

内容はですね、今月の22日に、王宮礼拝堂で、200年以上の時を経て初めて、フローリアン・レオポルト・ガスマンの「Missa in C」が演奏された、というものです。この珍しいバロック作品の演奏を担当したのが、今度来日するハイドン組だという、ただそれだけで取り上げてみました。

クラシック初心者の自分は当然、このような人物がかつてこの世に存在していた事実を、今回で初めて知ったわけですが、どうせですから、このガスマンについて少し。

ガスマン(1729-1774)はボヘミア、ブリュックスに生まれ、後にイタリアに行きました。1763年にウィーンの宮廷作曲家(バレエ音楽)となり、1766年、イタリア(ヴェニス)に戻った際に出会い、後に彼の後継者となる当時16歳のアントニオ・サリエリをウィーンに連れていきます。1768年、バーバラという女性と結婚、マリア・アンナとテレーズという二人の娘をもうけます。1770年、彼の作品の中でも最も知られている「La contessina」を作曲。1772年には宮廷楽長(Hofkapellmeister)に着任、人生最後の2年間を、宮廷音楽の再編に捧げました。1774年、事故が元で死去。オペラ24曲、交響曲50曲、弦楽四重奏曲6曲、オラトリオ1曲、ミサ曲5曲、ヴェスペル1曲、レクイエム1曲を残しました。

ガスマンについては、日本語のサイトが上手く見つけられなかったので、上記記事と↓のサイトを参照。残した作品の数は、ウィーンの方を使っています。

http://www.hoasm.org/XIIC/Gassmann.html

|

« 昨日大雪、今日天気 | トップページ | マクラーレンの新車シェイクダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/8301237

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン少年合唱団公式サイトのニュースから:

« 昨日大雪、今日天気 | トップページ | マクラーレンの新車シェイクダウン »