« 良いお年を | トップページ | 「山河遥かなり」見ました »

2006.01.03

年末年始に見たもの、聴いたもの(音楽、スポーツ)

はい、2006年が始まりました(2日前に)。良い年となりますように。

新年を迎えるにあたって、元々自分、節約が趣味ではあったのですが(でも所詮趣味でする節約なので、平気で無駄をしている部分も多々ある)、昨年、経済的後ろ盾といいますか、安全弁を失ったことでもあるから、本気で節約に努め、無駄遣いはやめよう、バッグももう買わないようにしよう、と誓いを立てたのですが、昨日、早くも新春バーゲンで、今まで自分のお金で買った中で2番目に値段の高いバッグを買ってしまいました・・・。だめだ。昔から自分でたてた誓いを片っ端から破る人間だったからなあ。

で、本題。

大晦日は紅白を見た後、毎年見ているテレビ東京の東急ジルヴェスターコンサートの、年が明ける数分前から演奏を始めて12時ちょうどに終わらせるようにするカウントダウン演奏を見るつもりが、うっかりフジテレビをつけてしまい、ジャニーズなつかしソングを見ていて、見逃してしまいました。テレビ東京にチャンネルを回したら、今回の指揮者の小林研一郎氏が安堵していたので、無事12時に終わったみたいですが。で、その後、衛星第2で放送されるベルリン・フィルのジルヴェスターコンサートを見ました。今年はモーツァルトイヤーと言うことで、「フィガロの結婚」を中心にモーツァルト作曲のプログラムでした。プログラム後半に、「フィガロの結婚」の最終章を演奏会形式でやっていました、演奏会形式だけどマグダレーナ・コジェナーらソリストはみんな演技たっぷりつけていました。

で、元旦は、ウィーン・フィルによる「ニュー・イヤー・コンサート」の後半(前半見逃しました)を見ました(指揮:マリス・ヤンソンス)。自分は音楽のことはよくわからないけど、普通に楽しみました(ポルカ「電話」での携帯の着信音を鳴らすパフォーマンスは1回で十分だと思いましたが)。でも、あれですね、少なくとも数年は同じ曲が被らないようにしているみたいですが、全部、シュトラウスファミリーのワルツとポルカというのは自分などはやはり飽きが・・・。ウィーン少年合唱団のオペレッタで、シュトラウスの曲を抜粋、編曲して作った「ウィーンの人々の生活」とか「ウィーンの昔の物語」などで使われた曲の元ネタを知ることが出来るのが楽しいですが。

で、今日は伝統の箱根駅伝復路(ちなみに往路は寝坊とバーゲンでほとんど見ることができず)の8区以降を見たのですが、まあ、ドラマチックで面白かったです。亜細亜大学初優勝おめでとう。いかに平常心で自分のペースで走れるかが勝敗の分かれ目として如実に出ていたように思いました(いや、山下、岡田両選手を見てて、そう思ったんですが・・・)。まあ、運(走っている最中に体にトラブルが起きないという運)も大きいですが・・・。体調を崩しながらたすきをつないだ順天堂のキャプテンは本当よく頑張ったなあ。これに限らず、スポーツを見ていると選手の驚異的など根性を目の当たりにすることがよくありますが、私のような根性なしには計り知れないです、本当。

|

« 良いお年を | トップページ | 「山河遥かなり」見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/7980632

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始に見たもの、聴いたもの(音楽、スポーツ):

« 良いお年を | トップページ | 「山河遥かなり」見ました »