« ホンダがBARの株を100%取得することを発表 | トップページ | ライコネン、またもエンジン交換 »

2005.10.06

深夜の攻防

昨日夜遅く、ゴキブリの押し入りにあいまして。すごい勢いで真横から飛んで現れた時は腰を抜かすかと思いました。大変でしたよ、もともと虫が大の苦手だし、そのゴキブリは大きさといい、色艶といい、VIPクラスな上に、何かと飛び回るし。窓が開いているのに、妹と二人して、恐怖のあまり腹の底から金切り声を出しまくりました、それはもう、近所の人が殺し合いをやっていると思っても無理ないくらいに。最初はへっぴり腰で、なんとなく気弱に棒を振り下ろしてみたり(もちろん空振り)、おっかなびっくりガムテープを押し付けてみたり(もちろんガムテープを押し付けた時点では彼だか彼女だかははるか向こう)、捕らえる気があるのかないのかといった感じでしたが、さすがに夜中の1時を過ぎるとこちらも本気モード。妹の部屋に入るに至ってすっかり逆上しました。

妹が不意にゴキブリにファブリーズをかけ始め、もしそれで弱ってくれたらそこをガムテープで捕まえようとしていたんですが、確かにゴキブリは水圧で動きが鈍くなったのですが、ファブリーズのかけ過ぎでガムテープが滑ってくっつかず、またも逃げられ、もはやゴキしか目に入らなくなった妹が周りの状況も考えずヤツを追ってファブリーズをかけまくるので、こっちは近くにおいてあった雑誌を避難させようと必死になっていて、うっかりさんざんゴキに触れたガムテープが素足の裏に張り付いてしまい大騒ぎ(いや、風呂あがりだったのでね)。ゴキは本棚代わりにしているカラーボックスの後ろに入り込んだのですが、そこでおとなしくしていればいいものを上に上がってきて紙以外何も置いていないカラーボックス上部を横切っていきまして。そこを、すっかりテンパった妹が、もっていた50cmものさしをやみくもに振り下ろしたところ、見事にゴキに命中、まっぷたつになったゴキの体が、仕留められた位置からそれぞれ右左に10cmずつ飛び、しかもそれとは別に足が散らばっているという、すさまじい殺ゴキ現場が出来上がりました(その時の私の悲鳴がまた凄まじかったそうだが、覚えていない)。その後、泥棒に入られたかと思うくらい散らかった部屋を片付けていたら、カラーボックスからさらに20cm離れた床の上に、ゴキの頭部があるのを見つけました・・・(さらにその数cm先にもはや体のどの部分かわからないものが・・・)。なんかこんなグロい死に方したゴキブリもそうはいないんじゃないかとちょっと哀れになりましたよ。スプラッターホラーの主人公がなぜヒーローではなく、ヒロインなのかわかった気がしました。

|

« ホンダがBARの株を100%取得することを発表 | トップページ | ライコネン、またもエンジン交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/6284393

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の攻防:

« ホンダがBARの株を100%取得することを発表 | トップページ | ライコネン、またもエンジン交換 »