« F1のニュースをいくつか | トップページ | ハイドフェルト、来シーズンからBMWへ »

2005.09.14

アンドロメダ・リベラータ(救われたアンドロメダ)

昨日、東京オペラシティコンサートホールで行われたヴィヴァルディ他作曲のオペラ「アンドロメダ・リベラータ(救われたアンドロメダ)」(演奏会形式)を聴きに行きました(指揮:アンドレーア・マルコン。管弦楽:ヴェニス・バロック・オーケストラ)。有名なギリシャ神話の後日談、というか外伝のようなストーリーで、ペルセウスによって助けられたアンドロメダには別に愛している男性がいて、それがために一旦は命の恩人の求愛を拒むものの、その男性に自分の愛情を受け入れてもらえず、結局ペルセウスの愛を受け入れる、という、「救われたアンドロメダ」というよりは「振り回されたペルセウス」といった感じのストーリーのオペラです。っていうか、アンドロメダである必要がないストーリーのような気がするんですが。

コンサートは個人的にはかなり満足でした(でも会場全体が大盛り上がりだったから、結構みんな満足だったと思う)。正直、私はペルセウス役のカウンター・テナー、マックス・エマヌエル・ツェンチッチを目当てに行ったので、このほとんど聴いたことのないオペラ(ていうか、聴いたことのあるオペラ自体少ない)が楽しめるか不安だったのですが、私のツボにはまる旋律のアリアが多く、聴いていて飽きなかったし、出演した歌手もみんななかなかいい演奏で良かったです。アンドロメダ役ソプラノのシモーネ・ケルメスはどちらかというと感情表現を重視した感じ、メリソ役のメゾ・ソプラノのロミーナ・バッソは低音(特に出だし)がハスキーになるのが良いのか悪いのか(個人的には魅力的に感じました)、非常に迫力ある歌声でした。ダリソ役テノールのマーク・タッカーはちょっと荒削りな印象でしたが、きれいな声でした。個人的に結構お気に入りだったのが、カシオペヤ役ソプラノのルース・ロジックで、ちょっと線が細い感じもしましたが、つややかなきれいな声で技術的なものも高いように思いました。

今回、私は前半は前から10列目、後半は後ろから5列目くらいのところ(ともに1階席)に座ったのですが、同じS席なのにかなり違いました、後ろの席だと声はきちんとよく届くんだけど、なんというか、臨場感がないというか迫力が伝わってこないというか。これが思いのほか聞こえ方に作用するんですよね、オーケストラのみの演奏ならともかく声楽のコンサートは本当前の方の席を取るに限ります。

開演になり、オーケストラのメンバーが舞台に登場した後、指揮者と歌手が登場したのですが、その中にマックス・ツェンチッチの姿を見たときは、ちょっと感動しました。まあ、私などは、彼がウィーン少年合唱団員として来日した時にテレビのコンサート映像を通して見たり聴いたりしただけで実際にコンサートに行ったわけでもなく、退団後来日してリサイタルを開いていたことも知らない、って言うか、名前を知ったのもやっと最近といった具合なのですけど、それでも、16年前にそのあまりに素晴らしい歌声に感激して最近まで特別ウィーン少年合唱団のファンというわけではなかったにもかかわらずずっと記憶していた唯一の団員が目の前にいるという事実はそれなりにちょっと涙ものなのです、ついでにあのスキンヘッドもちょっと涙ものでした。あれは役作りなのでしょうか・・・、なんとなく「木を隠すなら森」的なものも感じましたが。

彼の歌声はもちろん良かったですよ、あまり歌う場面は多くなかったですけれど(そのせいか、彼だけ楽譜なしでした)。特に、アンドロメダとの二重唱は、息もぴったり合っていて素晴らしかったです。個人的にはこのときの彼が一番上手い!と感じました。ずっと共演しているからシモーネ・ケルメスと仲がいいのかな、なんか、よく舞台の上でも話しをしていたし、コンサート後のサイン会でファンから写真をせがまれた時二人で肩組んでポーズ取っておどけたりしていました。

そういえば、可愛かったマックスネタその1:コンサート途中で、自分のソロが終わったマックスは続けてカシオペヤとのレチタティーヴォがあったにもかかわらず待機用の椅子に戻ってしまい、クールに照れ笑いを浮かべながら戻って来て可愛かったです、可愛かったっていうか、かっこよかったなあ、妙に。なんだかわからないけど。
その2:サイン会のとき、あるファンにサインをした後マックスはその人とやり取りをまだしていたんだけど、ペンを握り締めたままだったので次にサインするケルメスにペンを渡すように言われたのですが、そのときのリアクションが可愛かった、「はわわ~」って感じに頭抱え込んで。なんか結構ノリがいい人なんですね。

|

« F1のニュースをいくつか | トップページ | ハイドフェルト、来シーズンからBMWへ »

コメント

はじめまして、こんにちは。
私も《アンドロメダ・リベラータ》を聴いてきました。
ツェンチッチさん、とても良かったですね。
TBさせていただきましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: snow_drop | 2005.09.15 15:29

こんにちは。

そうですね、ツェンチッチさん、良かったですね。私は彼を聴きたくて行ったのですが、すごく満足できました。

TBありがとうございました。

投稿: 雪の子キノコ | 2005.09.15 19:57

こんにちは。
雪の子キノコさんと妹さん、お二人で素敵なオペラを聴きに行かれたのですね♪マックス君ことマックス・エマヌエル・ツェンチッチ氏はペルセウス役で出演していたのですか(^^)。

>「救われたアンドロメダ」というよりは「振り回されたペルセウス」

雪の子キノコさんのその表現が面白かったです【笑】。読ませていただきながら確かに、ペルセウスは振り回されてしまってるのかな・・と思いました。でもペルセウスのアンドロメダへの一途な愛が実って良かったですね(^^)。愛には色んな形があるんだということが伝わってきました。

マックス氏が出てきた時、感動されたいうお気持ち分かります。ご本人さんが目の前で実際に歌っているのは深い感動がじわじわときますよね。やはり歌声も素晴らしかったようで、流石「ウィーン少伝説の人」と語り継がれているのが頷けます。今ではカウンターテナーとして活躍されているのが本当、凄いですし(^-^)

私もCDや映像を通してだけしか彼の歌声を聴いていないので生で聴いたら雪の子キノコさんと同じような気持ちになるかもしれないです。
素顔も可愛らしいお茶目な方で【笑】、ちょっと親近感湧かれたのでは?と思いました。

妹さんのブログでは今日の2時からのマックス氏のリサイタルにも行かれるとのことが書かれていたのですが雪の子キノコさんも行かれるのでしょうか?^^
実は私もリサイタル、聴きに行きます。
今週水曜日まで、ずっとチケットの金額面で行けるか悩んでいたのですが思い切って行くことに決めました≪当日券です≫。マックス氏のリサイタル、なんだ貴重な気がしまして。
お二人と会場でお会いできたら嬉しいなぁ、なんて密かに思ってしまいました。ちなみに私は同伴者は居ないので1人で聴きに行きます。髪の毛が黒のショートカットで1人で来ていて眼鏡をかけてる人がいたら、それが私です【笑と言っても眼鏡をかけてる人って大勢いらっしゃるでしょうから分かりずらいですよね、すみません(^_^;ま、でも、お互い素敵な一時を過ごしましょう♪では、また。

投稿: 春海 | 2005.09.18 01:59

春海さん、こんばんは。
コメント&感想ありがとうございました。
マックスくんのリサイタルは行かれましたか?私は大満足でした。本当に行って良かったと思います。

実は、昨日出がけに自分のブログを見て、春海さんのコメントで春海さんもマックスくんのリサイタルに行かれると知って、会場で、書いていらした特徴の女性を探してみたんです。で、「もしかしたら、こちらの方かも」と思った若い女性がいたので、妹が声をかけたところ、見事に「違います」と言われてしまいました・・・。うーむ、残念。でも、こういう機会はまたあるかもしれないですね、その時はよろしくお願いします。

投稿: 雪の子キノコ | 2005.09.19 00:35

おはようございます(^o^)
はい、行って来ましたよ♪私も大満足でした。もう、マックス君の歌声に、ただ感動するばかりでした。やはり彼は素晴らしいですね。

コメント見てくださったのですね。そして会場で探してまでしてくださったのに、すみません・・もっと特徴的なことを書くべきでした;お二人とも探してくださっていて、ありがとうございました。そして、かえって、ご迷惑になってしまいまして本当にすみませんでしたm(_ _)mそうですね、その機会を狙うなら次は来月のリベラの来日公演のときにでも・・。横浜みなとみらいホールのほうも行くので^^

そう言えば関係ないですがカザルスホールの門に入っていく時に緑の着物を着た方が歩み寄ってきて「チケットは、いかがですが?」とお声を掛けられました。電話予約で当日券を申し込んでいたので、もちろんお断りしましたけど(^^;;最初、声を掛けられたときは、ちょっと期待してしまったのでした。

投稿: 春海 | 2005.09.19 11:28

春海さん、こんにちは。

>かえって、ご迷惑になってしまいまして本当にすみませんでした

いえいえ、迷惑なんてことないですよ。お互い、「会えたら嬉しいな」くらいの気持ちだったと思いますから、気になさらないでくださいね。

そうですね、リベラの時に、運よく会えるといいですね。

投稿: 雪の子キノコ | 2005.09.19 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/5943159

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロメダ・リベラータ(救われたアンドロメダ):

» ヴィヴァルディ他《アンドロメダ・リベラータ》 [きままにARTSダイアリー]
2005年9月13日(火) 東京オペラシティ・コンサートホール 昨夜は、ヴェネツ [続きを読む]

受信: 2005.09.15 15:26

« F1のニュースをいくつか | トップページ | ハイドフェルト、来シーズンからBMWへ »