« NHKハイビジョンのウィーン少年合唱団のコンサート映像見ました | トップページ | 「ソウ」見ました »

2005.07.25

F1ドイツGP

ポールスタートのライコネンが、ドイツでは完走できないというジンクスをかたくなに守り、またもレース中最速のリタイア。アロンソ優勝でポイント差が36まで開き、今シーズンのチャンピオン争いはほぼ決着したといっていいですね。レースそのものは面白かったけれど、あまりにがっかりで、なんだかもう・・・。面白いレースだったけど、なんかもう見る気もあまり出ませんでした。

とりあえず、アロンソ、最後尾スタートから2位まで上がったモントーヤ(彼の走りに少し心慰められましたよ)、ミハエルをオーバーテイクし、今季初の表彰台を獲得したバトン、やはりミハエルをオーバーテイクしたフィジケラ、いつの間にか入賞のラルフ、なぜかよく映っていたクリエン、なんだかやたら新人からの洗礼を浴びていたヴィルヌーヴ、なんだかやたらピットに入っていたトゥルーリ、なにやらやたら抜かれていたミハエル、がんばって走り続けたウェバー、みんなお疲れ様でした。

アロンソはね・・・、そうですね、この人は新チャンピオンにふさわしいですよ。自分としてはライコネンの方がより優れていると信じているけど(そりゃあ、ファンだから)、今月のグランプリ特集でケケ・ロズベルクが言っていたように、運を敵に回していたら勝てないし、実際運を敵に回しているんだからどうしようもない。アロンソは運を味方に出来ている上に、彼自身、文句のつけようのない良い走りをしている。どちらの方がチャンピオンにふさわしいかといえばアロンソだと認めます・・・、気が進まないけど。

それはそれとしてライコネン、最速リタイアはきついですね、次の予選が。しかも次はハンガロリンク。もう面白いくらい運を敵に回しているな、本当(ため息)。

|

« NHKハイビジョンのウィーン少年合唱団のコンサート映像見ました | トップページ | 「ソウ」見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/5138565

この記事へのトラックバック一覧です: F1ドイツGP:

» F1 ドイツグランプリ [ゼットンの独り言]
2005年F1世界選手権第12戦ドイツGP決勝が24日(日)・日本時間21時(現地時間14時)よりホッケンハイムリンクで行われた。 優勝したのはポイントランキングでトップに立つルノーのフェルナンド・アロンソで、今季6勝目を挙げた。 2位は最後尾から追い上げたマクラーレンのファン-パブロ・モントーヤ。3位はB・A・R Hondaのジェンソン・バトンだった。 レース結果 1 F.アロンソ ルノー 2 J-P.モントーヤ マクラーレン・メル... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 02:45

« NHKハイビジョンのウィーン少年合唱団のコンサート映像見ました | トップページ | 「ソウ」見ました »