« 「禁色」見てきました(&ベルギー象徴派展) | トップページ | リベラ再来日(+日本のボーイソプラノネタ) »

2005.06.13

F1カナダGP

そういえば、開幕戦と全く同じメンバーがグリッドに並ぶのはまさに開幕戦以来というカナダGP、上位陣が次々にリタイアする荒れたレースを制したのはマクラーレンのキミ・ライコネン選手でした。なんだか知りませんがこの人、リタイアが多い割に、完走率の低いレース、有力選手が軒並み消えていくようなレースでは、完走できるんですよね。今回も、ルノーの2台やモントーヤ、バトンがアクシデントやトラブルで消える中、堅実なレースで見事優勝。本当に堅実なレースとしかいいようのないレース運びに、前回の教訓とこのサーキットの特性を考えて慎重に行っているのかと思ったのですが、本人のコメントを見るとトラブルを抱えていたみたいですね。そのせいかどうか、1回目のピットストップ後、同じ戦略のアロンソとモントーヤにどんどん離されていったのと終盤ミハエルにどんどん差を詰められたのにはヒヤヒヤしましたが、まあ、終わりよければ全てよし。アロンソが0ポイントで終わったこともあって、またチャンピオンシップに期待がもてるようになったことも嬉しい今回の勝利でした。ちょうどヨーロッパGPの結果と差し引きとんとんなのが面白いです。

モントーヤは今回本来のモントーヤに戻ってきたような迫力ある走りでいいところまで行っていたのに黒旗失格は残念でした。本人のミスはともかく、あのセーフティカーが出たときのピットインが遅れたのはちょっと気になります。あと1回モントーヤはピットに入らなければならなかったのだから当然彼がまず入るはずではと素人の私は思うわけですけど・・・。まあ、モナコのときライコネンがSC走行中にピットに入らなかったのは作戦ではなくチームのミスだったのだから、単純にまたチームがミスしたとも考えられるし、SCが出たときモントーヤがピットレーンの入り口をタイミング悪く通り過ぎてしまったとも考えられるので、そう考えます。何はともあれ、ちょっとかわいそうでした。

今季初のダブルリタイアとなったルノーですけど、2台両側から一気にフロントロウの2台を追い抜いたスタートはかっこ良かったです。フィジケラはまたしてもマシントラブルで気の毒でした(アロンソは今までが運が良かったからまだいいけど)。

BARも運がなかったですね。バトンはともかく、一人ダブルリタイアを演じた佐藤琢磨はちょっとかわいそうでした。とことん信頼性がないマシンだったんだなあ。

今回はフェラーリの2台が表彰台の2位3位に入りました(ミハエル2位、バリチェロ3位)。ミハエルは最後までいいペースで優勝争いに絡んできましたし、バリチェロは最後尾スタートから3位に入賞ということで、競争力が戻ってきたように見えましたが、今回はルノー、マクラーレンが消えてしまったし、ウィリアムズが予選でこけているので、彼らとの比較でどれくらいなのか、まだわからないと思いました。復活だといいですね、やはり赤い車が速いと面白いですから。

最後にミナルディのアルバース、レッドブルをも上回る予選15位はすごいです、地上波ではカットされたので結果見て知ったんですけど。

|

« 「禁色」見てきました(&ベルギー象徴派展) | トップページ | リベラ再来日(+日本のボーイソプラノネタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/4539058

この記事へのトラックバック一覧です: F1カナダGP:

» カナダGP [メジャーを目指せ!]
ライコネンの優勝でカナダGPは終わりました。 今回はバトンのクラッシュが明暗を分けたのか。 モントーヤが失格になるとは。 でもこれでポイント争いが面白くなった。 安定していたアロンソがポイトをのがし、差がつまった。 ドライバーズポイント 1 アロンソ   59 2 ライコネン  3�... [続きを読む]

受信: 2005.06.13 18:21

« 「禁色」見てきました(&ベルギー象徴派展) | トップページ | リベラ再来日(+日本のボーイソプラノネタ) »