« ラルフ・シューマッハ、アメリカGP欠場 | トップページ | マックス・ツェンチッチの公式サイトに日本語ページができました »

2005.06.21

F1アメリカGP

いやまあ、今回のアメリカGPは、ある意味貴重なレースでしたね、滅多にないという意味でですが。テレビの解説を流し聞きしネットをななめ読みしただけであれこれ言うのもなんですが、まあ、個人的には今回の事態は仕方ないことだと思います。今年のマレーシアGPで2周で2台ともマシントラブルでリタイアするようなマシンを用意したチームがありましたが、それを今回タイヤ・メーカーがやってしまったようなもので、そのメーカーがたくさんのチームを抱えているがために大規模な問題になってしまったと自分は思っています。したがって、現行のタイヤのルールの中で完走できない可能性の高い(トラブルが起きる蓋然性の高い)タイヤしか用意できなかったミシュランは責められるべきではあると思いますが、チームやFIAの考え・判断に関してはまあ妥当な結論だと思います。なんといっても、ブリヂストン側はきちんと現行のルールに対応したタイヤを用意してきているわけですから。まあ、ファン、とりわけサーキットに足を運びお金を払って観戦している客に対しての配慮や敬意を全く感じさせない対応だとも思いますが、これに関してもまずはミシュランが低パフォーマンスに甘んじてでも一方的に妥協すべきだったと思います。くどいけどルールはルールですから、「悪法もまた法なり」です。そしてくどいけど、ブリヂストンはそれに対応してきたわけですから。うがった見方かもしれませんが、ミシュランには有力チームを多数抱えているということで、いざとなったら興行面での面白さを重視してFIAが折れると高をくくっていたところがあったのではないかと思いました。個人的には、やはりあのタイヤでレースをすることは非常に心配だったので、残念な反面、ほっとしたところもあります。本当、残念でしたけどね・・・、アメリカGP好きだし。あのインフィールド・セクションからオーバルにかけてF1マシンが次々走っていく光景が好きなんです。6台では足りません、しかも次々というには差が開きすぎるし・・・。

で、レースの感想ですが(実はまだ全部ビデオを見ていないんですが)、ジョーダンとミナルディの走る姿を十分に堪能できました。特に地上波ではCMのタイミングの関係でかミナルディをより多く見られたような気がします。スタートはミナルディの方が良いみたいですね、ただレースペースはジョーダンの方が上かと。せっかくのチャンスなのだから絶対にリタイアしないでと録画映像に向かって祈っていました。祈るまでもなく、全員ポイント取れたみたいで良かったですね。ジョーダンのモンテイロは初入賞が表彰台ですか、おめでとうございます。逆に2度目のシューマッハのピットストップ後の1コーナー、あそこでフェラーリが相打ちになったら面白かったのに、と悪いことを考えてしまいました。あれ、前にミナルディがいなければ、バリチェロが前に出られたかもしれないですね。

|

« ラルフ・シューマッハ、アメリカGP欠場 | トップページ | マックス・ツェンチッチの公式サイトに日本語ページができました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/4642771

この記事へのトラックバック一覧です: F1アメリカGP:

» F1アメリカGP、ミシュランのタイヤに異変!? [いいかもねっと【 スポーツ 】]
***F1第9戦アメリカGP、前半戦の折り返しとなった一戦は、ミシュラン陣営がタイヤに問題を抱え、フォーメーションラップで続々とピットインし、レースを終えるといった波乱の幕開けとなった。発端はフリー走行2回目にラルフ・シューマッハ(トヨタ)がクラッシュ...... [続きを読む]

受信: 2005.06.22 11:41

« ラルフ・シューマッハ、アメリカGP欠場 | トップページ | マックス・ツェンチッチの公式サイトに日本語ページができました »