« F1ヨーロッパGP予選 | トップページ | ウィーン少年合唱団公式サイトのゲストブックネタ »

2005.05.30

F1ヨーロッパGP決勝

BARがレース復帰し、久しぶりにグリッドに20台のマシンが並んだヨーロッパGPは、最終ラップで首位ライコネンがクラッシュしてリタイア(11位完走扱い)、2位を走っていたアロンソがそのまま繰り上がって優勝を飾りました。アロンソもあまりタイヤが良い状態ではない中よくがんばって素晴らしかったと思うけど、10周あのマシンがたがたの状態でハンドル修正しながら走り続けたライコネンのがんばりが報われてほしかったので非常に残念です。あと1周ですからね、その1周サスペンションがもってくれたら・・・。まあ、でも、怪我しなかったから、それだけは本当良かったです(バトンも巻き添えを食わなくて良かった)。

最終ラップに入る時点でライコネンとアロンソとの差が1秒くらいだったから、いかにオーバーテイクの可能なニュルブルクリンクとはいえ、マシンが壊れなければライコネンが逃げ切れたと思うので、マクラーレンとライコネンはラスト1周のところで賭けに負けたようなもので、これについて云々するのはまさに結果論だとは思うのですが、個人的にはもうちょっと安全志向でいってほしかったなと。いや、あの勝ちにこだわる姿勢はすごく好きなんですけど、チャンピオンシップのことを考えると、アロンソに優勝をさらわれることになっても、その差が少しでも広がらない方向でいってほしかったです、それこそスペイン、モナコでのアロンソのように。・・・うーん、こういうこと書きつつ、でも守りに入らないライコネンがやはり好きだなあ、だからこそファンなわけだし、とも思ったりして、まあ、前向きな人だし、でも不運な人だし、次回を期待せず期待します。

それはそれとして、今回マクラーレンの2台がともによくブレーキロックさせていたので、マシンに問題があるんだと思っていたのですが、ドライバーのコメントを見る限りではそういうことは言っていなかったので、あれはドライバーの運転の問題だったんですね・・・。何でライコネンはヴィルヌーヴを周回遅れにするのに、同一周回の車をオーバーテイクでもするような勢いで1コーナーにつっこんでいったんでしょうか(あれがそもそもの発端ですよね)。まあ、いいや、そんなライコネンだからこそファンなわけだから(もうなんでもこれ)。

今回なかなかすばらしかったのが、エンジンストールさせてピットスタートから6位入賞のフィジケラとドライブスルーのペナルティにもかかわらず4位入賞のクルサード。特にクルサードはレッドブルのマシンでしかもレース途中のペナルティなのに4位はちょっとすごすぎると思います。あと、バリチェロの久々の表彰台も良かったです。バトンとのサイド・バイ・サイドのバトルはかっこ良かった、二人とも。

最後に、昨年たくさんのタイヤ絡みの事故が発生し、その中には背骨骨折の重傷者まであったにもかかわらず、タイヤ交換禁止のルールを敢行したFIAの勇気には感心しますが、もうそろそろ見直してほしいです、見ていて怖いというのと見ていてつまらないという2つの点から。

|

« F1ヨーロッパGP予選 | トップページ | ウィーン少年合唱団公式サイトのゲストブックネタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/4341282

この記事へのトラックバック一覧です: F1ヨーロッパGP決勝:

« F1ヨーロッパGP予選 | トップページ | ウィーン少年合唱団公式サイトのゲストブックネタ »