« 伊良部秀輝投手、正式に現役を引退 | トップページ | 「ショーシャンクの空に」を見ました »

2005.04.10

リベラのコンサートに行ってきました

8日、横浜ブリッツに、イギリスの少年合唱のグループ「リベラ」のコンサートを聴きに行きました。今回が初の来日ツアーだというこのグループ、元はセント・フィリップスという聖歌隊だそうですが、いわゆる少年合唱団のコンサートとはちょっと趣を異にしており、マイクを使い、主たる伴奏はキーボードで、曲ごと(&曲中)にフォーメーションを変えて時々歌にあわせて振り付けまであったり、加えて演奏中は照明がフル稼働、最後の曲ではスモークまで出てきて(多分)、なんというか、比較的ポップス色の強いコンサートでした。

でも、これはこれで、結構楽しかったです、もともとああいう演出は嫌いではないですし、演奏と演出が違和感なくまとまっていて良かったと思います。自分はリベラについてほとんど何も知らないんですけど、彼らのCDはなんかうちの居間でよくかかっていて度々耳にしていたので、プログラムも聞き覚えのある曲ばかりでしたし、しかも彼らのオリジナル曲?やアレンジは非常に私好みなので、その点でも結構楽しめました。

一番印象的だったのは、コンサート冒頭「リベラ」を歌った時、特にその一番の盛り上がりの部分を歌っている時なんですが、その美しいハーモニーを聴きながら、青というか水色の照明をバックに(多分。とにかく記憶違いが多いから)、フードのついた白いシンプルなローブを着て歌う子供たちの姿を見ていたら、なんだか本当に天使を見ているような、文字通り天使の歌声を聞いているような、そんな気分になったことです(なんかパンフレットに載っていた文章にも彼らのコンサートでそのような感慨を覚えたようなことが書いてあったような)。一番とか言ってますけど、歌っている曲は、あまり関係ないですね、むしろ最初に見た歌う彼らの姿だったというところで、一番印象に残ったんだと思います。あと、中心に立ってソロをとっていた少年がふっくらしたほっぺの天使的ルックスの子だったせいもあるかも。

歌声そのものに関しては、とてもかわいいよくとおる声で、高い部分もちゃんと声が出ていると思いましたが、そうですね、高音部分がもっとスムーズにしっかり出せるともっと良いんじゃないかと思いました。高音部分を頼りなげに歌うのがリベラ流というのでしたら、それはそれで良いんだと思いますが(ここって、歌い方にオレ流を感じるから。評価とか好みとかとは別にして、そういう個性があることそれ自体は良いことだと思います)。ハーモニーはなかなかきれいでした。CD聴いていても思いますが、ハモリは結構上手だと思います、リベラは。

|

« 伊良部秀輝投手、正式に現役を引退 | トップページ | 「ショーシャンクの空に」を見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/3646568

この記事へのトラックバック一覧です: リベラのコンサートに行ってきました:

» LIBERA 初来日公演 [笑う月]
予想よりずっと感動して帰ってきました。 やっぱり生声は違う…。CDと全然違う…。 プロなだけあって、合唱も見事。最初に出てきた背の高い青年5人は、1人で歌っているのかと思うほど声がユニゾンしていました。本当に1人で歌ってたのかもしれない。 合唱も多彩な...... [続きを読む]

受信: 2005.04.17 15:03

« 伊良部秀輝投手、正式に現役を引退 | トップページ | 「ショーシャンクの空に」を見ました »