« 今さら今年のF1の新レギュレーションについてまとめてみました | トップページ | タイトルをつけるまでもない内容(F1) »

2005.03.06

F1オーストラリアGP

とうとう開幕しました2005年F1。ドライバーの大規模なシート変更があったので、マシンと運転手がごっちゃにならないか心配していたのですが、案の定、黒い車載カメラのマクラーレンの映像を見てライコネンだとぬか喜びすること数回でした(アロンソとフィジケラも度々間違えそうになりました)。が、実況アナも、素晴らしいスタートで3位に浮上したレッドブルをザウバーとしっかり間違えていたので、ちょっと安心。自分もこの2チームがごっちゃにならないか心配していたのですが、何しろそれを操っているのがクルサードですから、自然と注目の仕方が違うわけで。クルサードの健闘ぶりについてはいろいろ書きたいですが、それよりもまず、開幕戦のヒーロー、ポールポジションから危なげない優勝をなし遂げたルノーのジャンカルロ・フィジケラにおめでとうございますを言います。文句なしの優勝、素晴らしかったです。3位に入ったアロンソも、予選での不運をものともせず予選13位から見事3位入賞、こちらも素晴らしかったです。アロンソ、序盤から強気に攻め、コースをはみ出しながらオーバーテイクを試みていて、かっこ良かったですよ。正直最初は「若いねー、タイヤもつのかねー」などと生意気なことを思っていましたが、平気でしたね。まあ、アロンソなんかは果敢な走りをしていたわけですけど、なんか全体として温存走りな印象で、ちょっと見ていて物足りなかったです、正直言って。個人的にはタイヤのレギュレーションだけでも元に戻して欲しいです(そういえば、ピット作業ですが、タイヤ交換はなくてもタイヤの空気圧の調節?があってそちらの作業が気になり、結局またリグは見ていませんでした)。とりあえず今回タイヤのトラブルはなかったようなので、レースを重ねていくうちに皆の走り方も変わってくるかもしれませんが。

それから今回素晴らしかったのは、フェラーリのバリチェロ。旧車でなおかつグリッド中盤からのスタートながらじわじわ順位を上げて見事2位ゲット。でももう、私はこの人の言うことは信用しないことにします。なんか、F2005出てきたら怖いなあ。

今回、いつもの「速すぎてテレビに映らない」をフィジケラに譲り、珍しい「遅すぎて映らない(走りも地味だったし)」だったシューマッハ兄、それでもじわじわ入賞圏内に入ってきてさすがと思ったら、あんな終わり方をするとは。あのハイドフェルトとの接触事故、かわした後シューマッハ兄がハイドフェルトの道を塞いでいたようにも見えたし、ハイドフェルトが減速しなかったせいにも見えましたが、よくわかりません。とにかく、二人ともあまりいいシーズンスタートをきれず、残念でした。

いいシーズンスタートを切れなかったと言えば、マクラーレンのライコネンもですよ(涙)。まあ予選の雨はみんな立場が同じだけど、決勝スタート時にはエンジンストールしてピットスタート、遅いザウバーに堰き止められながらも徐々に順位を上げていって期待持ち出したらバージボードが外れるし、いや本当なんでライコネンばかりと思いました。でもまあ、逆に彼より上位を走る二人が接触事故でリタイアしたおかげで入賞できたわけだから、運が悪いとばかりは言えませんが。

トラブルが多発したライコネンはまあ仕方ないとして、モントーヤの存在感の薄さも気になりました。だって普通に走って6位ですよ、本当にマクラーレンのマシンは速いのでしょうか。何しろ地上波観戦者なのでレースで見ていない部分が多いわけで順位だけで一概には言えないと思いますが、それほど下馬評が高いわけではなかったレッドブルやウィリアムズの後塵を拝しているというのはやはり気になります。

レッドブルはすごいですね、2台とも入賞、しかもマクラーレンより前。予選上位に来た意外なメンツ、トヨタ、ザウバーがレースが進むにつれどんどん順位を落としていく中、入賞圏内に踏みとどまったということは、やはりマシンにかなり力があるということですよね。クリエンも地味に良く頑張っていたけど、クルサード、本当に素晴らしかった。開幕でいきなりマクラーレン在籍だった昨年の最高決勝順位タイの4位フィニッシュ(途中表彰台も期待してしまいました)、途中暫定ながらファステストまで出して、どうして去年これが出来なかったんでしょうか(やっぱりいろいろあったのかもしれないですね、本人の精神的な部分だけでなく)。マシンもかっこいいし、ドライバーも好きなメンツだし、この調子で行って欲しいです、レッドブルには。

トヨタは1回目の給油まではトゥルーリがすごいいい感じで、ちょっと今年は違うのかな、と思ったら、やはりずるずると。レース後半に入った頃には、彼が予選2位だったことすらうっかりすると忘れていました。ラルフはなんか後ろの方でごちゃごちゃやっていましたね、なんかトラブルか何かで余計に一回ピットインしていたように思いますが、普通にスルーされていたような。

BARの二人も昨年とは打って変わって存在感なく終わってしまいましたね。佐藤琢磨は1回目の予選のクラッシュが本当残念でした。あれが全てでしたね。それにしても、アタック前にクラッシュってこともあるんですね、いや、それは走っている以上(しかもあの天候では)ありえないことではもちろんないですが。

黄色い積み木が走っていると思ったら、ジョーダン・トヨタ。いや、もちろん、ロシアで行われた新車公開の写真は見ましたけど、あのまんまの余白だらけ、ほとんど無地といっていいカラーリングのままとは思わなかったので。なんか、二人とも、決勝、変な形で目立っていましたね。カーティケヤンは予選結構いい感じでしたが、スタートしたらあっさり定位置になっているのがなんとも・・・。ミナルディは唯一のマシントラブルによるリタイアが出たけれど、とりあえず決勝走れて良かった、良かった。

予選2回目のタイム計測、普通に1回目のタイムに足していってしまうんですね。確かに最終的なタイムとグリッドの順位がパッとわかりますが、2回目だけのタイムも表示してほしいです。特に今回のように1回目の予選が天候によって大荒れだった場合、1回目で各マシンの実力関係を見ることも出来ないし、そうでなくとも、決勝につながる2回目の各マシンのタイムを見ることで決勝戦略の予測を楽しむということが出来ないので(私ごとき初心者がこういうこと言うのもおこがましいですが)。今回、とにかくライコネンが心配でそこまで気が回らなかったのと、第一スティントの途中からこんなにみんなピットストップ引っ張るならみんな2ストップだと思ったらあまり興味がなくなったこともあって、あまりピットストップまでの各車の周回数を見ていなかったんですが、とりあえず、ライコネンは結構積んでいたようですね。ミスしたとはいえ、それであの予選順位は立派だと思います(何でもいいからライコネンのことは一回は誉めたいんです)。

とにかく、ルノーが前評判どおり強いことが分かりました。ドライバーも強いし、面白い存在だと思うけど、マクラーレンファンとしては大変憂鬱です。でもまあ、まだあと18戦ありますからね。

|

« 今さら今年のF1の新レギュレーションについてまとめてみました | トップページ | タイトルをつけるまでもない内容(F1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/3195714

この記事へのトラックバック一覧です: F1オーストラリアGP:

« 今さら今年のF1の新レギュレーションについてまとめてみました | トップページ | タイトルをつけるまでもない内容(F1) »