« F1佐藤琢磨、「コンファルティジャナート・モトーリ賞」受賞 | トップページ | 史上初のプロ野球スト決行の日にF1ネタ »

2004.09.13

F1イタリアGP

ドライバーズ、コンストラクターズの両チャンピオンも決定し、いよいよ残りわずかとなった今シーズン、ヨーロッパラウンド最後のレースとなったイタリアGPは、今季何回目か忘れましたがのフェラーリの1-2フィニッシュ、でも今回はいつもと違ってバリチェロの優勝でした。いや、良かった、良かった。今季は明らかにフェラーリのマシンがずば抜けて良く、現にミハエル・シューマッハはイタリアGPの前の時点で14戦中12勝しているのですから、いろいろチーム内の事情があったとしても(そして運・不運の圧倒的な差があるにしても)、バリチェロが今季未勝利というのはかっこがつきません、勝てて本当に良かったです。3回目のピットアウトのときは、その前の数周でファステストを連発して後続との差を十分に広げていたことはわかっていたのですが、それでもドキドキしました。この人は勝利を喜ぶ姿も気持ちいいです。うちの母親に「外人さんは年より老けて見えるから、うーん、35歳でしょ(本人は十分に若く見積もったつもり)」と言われたバリチェロですが、喜んでいる姿は無邪気な感じで微笑ましく、「良かったねー」とこちらまで嬉しくなってきます。

バリチェロの勝利に大きく貢献したと思われるミハエル・シューマッハのオープニング・ラップのスピン、バトンとの接触が原因らしいですが、あれがなければ今回も圧勝したんでしょうね・・・。スピンして大きく後退しても本来の作戦(多分)で2位まで上がってこられるんですから(しかも1位と僅差)。

それからBARホンダがとうとうルノーを抜いてコンストラクターズ2位に浮上しました。佐藤琢磨選手も今回は手堅く4位入賞ということで、良かった、良かった。オープニングラップで順位を落とす癖がついているみたいなのでそこをなんとかしてほしいものです。ミハエル2回目のピットアウトのときは接触するんじゃないかとちょっとひやひやしましたが(地上波実況は蜂がつついたような大騒ぎで大ウケ)、無難に行ってくれてホッとしました。バトンも、チーム内でのポジションが微妙じゃないかと思うのですが、さすがに仕事はきっちりこなしてきてたいしたものだと思います。

そのバトンが行く行かないで揉めているウィリアムズ、とりあえず予選のパフォーマンスは良くなってきたみたいですが、運がないことも手伝って決勝結果がイマイチのってこないですね。途中までいいパフォーマンスをみせていたモントーヤが急に消えたと思ったらいつのまにか後方に沈んで回復してきませんでしたが、またトラブルだったみたいで残念です。ピッツォニアもいいパフォーマンスは見せていたけれどこちらもオープニングラップで躓いたのが響いて残念な結果に終わって気の毒でした。彼は今回が最後のレースなんですよね・・・、でも十分いいアピールできていたと思います。どこかレギュラーでいけるといいのに・・・。

今回もノーポイントに終わったルノー、何かモントーヤがドライバーズランキングで背後に迫ってきていますが、なんなんでしょうか、このところの停滞っぷりは。単独スピンでリタイアに終わった今回のアロンソは仕方ないとして(なんで彼はグラベルから押し出してもらえなかったのでしょうか、去年のニュルブルクのミハエルのときはやってもらえたのに。ノーズの向きのせい?なわけないですね)、どうして毎度毎度トゥルーリは、というかトゥルーリばかりあんなに遅いのか、不思議です。不思議と言えば、アロンソって、ルノーが苦手と言われるエンジン・サーキットでなんでいつもあんなに速いのか、それも不思議です、ちょっと話の流れからずれますが。

マクラーレンは速さはともかく運は相変わらずですね。相変わらずクルサードは誰かしらと接触しながらまったり走行できっちり完走地道にポイント、相変わらずライコネンは事故を除けば真っ先にマシントラブルによるリタイア、相対的な速さを除けば前と変わっていないような。まあ、速くなったということは大きいことですが。

ジャガーはレース前半結構かっこ良かったのです、ウェバーなんかシューマッハしばらく抑えていたし。後半はもっぱらクリエンが周回遅れとして映りつづけるばかりでしたが。

ミナルディのブルーニの火事、大事に至らないで良かったです。びっくりしました。

自分、まだ「車がとんでもないスピードで走っていくその様を見ているだけで楽しい」というレベルなので、今回はそういう意味でも見ていて楽しいレースでした。国際映像のカメラのアングルも比較的良くて、スピード感が十分に伝わってきましたし。レース時間が短いので地上波でもカットが少ないのも良かったです。

|

« F1佐藤琢磨、「コンファルティジャナート・モトーリ賞」受賞 | トップページ | 史上初のプロ野球スト決行の日にF1ネタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/1427255

この記事へのトラックバック一覧です: F1イタリアGP:

« F1佐藤琢磨、「コンファルティジャナート・モトーリ賞」受賞 | トップページ | 史上初のプロ野球スト決行の日にF1ネタ »