« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.29

ナタリー・デッセー(デセイ)のコンサート

27日、フランスのコロラトゥーラ・ソプラノのナタリー・デッセー(デセイ)の初来日コンサート(指揮:ルイ・ラングレ、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団。日本公演2日目)を聞きに、東京オペラシティコンサートホールに行ってきました。クラシックは基本的には特に好きというわけではないので、少年合唱以外でコンサートに行くのはこれがまだ2回目です(幼少期を除けば)。そういうレベルの人間のコンサート・レポということで。

席は2階の向かって右側のB席だったんですけど、位置が1階席の1、2列目に相当する場所で舞台が近く(フルート奏者の息継ぎが聞こえるくらい)見えやすくて良かったです(右側の楽団員の姿が見えませんでしたが)。

デッセーのコンサートを聞きに行ったのにのっけからオーケストラオンリーでちょっと出鼻をくじかれましたが、でも有名な、自分も好きな曲だったので楽しめました、アレです、F1でシャンパンファイトのときにかかるアレ、ビゼーの「カルメン」組曲です。今まで聴いたことがないくらい(というほど聴いていませんが)速いテンポでしたが、たまに「ここはもう少しゆったり弾いてくれたほうが好みだな」とは思うことはあったけれど、全体として迫力があって良かったです。えらいスピードでも乱れないで揃っているのはさすがだと思いましたが、こういうこと言うのは失礼なのでしょうか。東京フィルは日本の楽団の中ではN響に次ぐと聞いたのですが、自分には上手いのか標準なのか下手なのかわからなかったです、去年聴きに行ったコンサートでバックを担当していたロイヤル・チェンバーズよりはずっと上手いと思いましたが(ただ、時々デッセーと上手く噛みあっていないように聞こえる時があったんですけど、私の間違いかも)。他に3曲ほど、オンリーで演奏がありましたが、デッセーに対する拍手との差があまりにもわかりやすくて・・・。

まあ、これはデッセーのリサイタルですから、それに何より、デッセーは本当に素晴らしかったですから。前半は黒の無地のシンプルなドレス、後半は赤地に着物の模様のような柄(に見えました)のイレギュラーヘムのドレスで、全曲裸足で登場、小柄で動きが軽やかでとても可愛らしい人でした。私の席から舞台の袖にあるドアがよく見えたのですが、一度、一旦舞台に出てきたデッセーが、何があったのか、身を翻してもう一度中に戻っていったことがあったのですが、その時の所作がふわっと優雅で少女っぽく可愛らしかったのが印象的でした。ニコニコしていて愛想良く、とても感じよかったです。

で、肝心の歌ですが、先ほど言ったように本当に素晴らしかったです。私がデッセーを最初に聴いたのは2000年にパリで上演された「魔笛」の「夜の女王のアリア」で(衛星放送でやっていたオペラで見ました)、演技に没頭しているように見えながら、細かな音が続く難しい部分を、難しさを感じさせないほどさらっと、でも正確に歌い上げていたのが特に記憶に残ったのですが、今回も、旋律の美しさよりも技巧の凄さで聴かせるようなコロラトゥーラ満載のフランスやイタリアのオペラのアリアを、少しの緊張感も抱かせることのない安定した歌唱で、あたかもオペラで実際に演じているかのように表現豊かに歌だけで演じ切っていました。

個人的には、音楽そのものを聞かせるというよりも、オペラにおける役柄の生の感情をそのままぶつけてくるような、泣き叫ぶように声を張り上げて歌うイタリア・オペラは苦手だし、コロラトゥーラやヴィブラートは表現に多少の幅を持たせる程度にあれば十分だと思っているので(ベルカントでしたっけ、あれが苦手ということです、つまり)、今回のオンリーベルカント系のプログラムは少しばかりきつかったですが、彼女の上品な(この人の声のポイントはまさにこの「品のよさ」にあると思います)美しい歌声と、基本的にヴィブラートをあまりつけないシンプルな歌い方のおかげで、それなりに楽しめました(でも、ベルカントの迫力ある歌声が好きな人には物足りなかったかもしれないですね)。そして、それだけに、ここぞという盛り上がりの部分の、圧倒的な迫力は素晴らしかったです、大きなオーケストラの音の中で、彼女の伸びのある美しい強い声が、そこだけスポットライトを浴びているかのように、強い存在感をもって浮かび上がってくる感じでした(前に行ったコンサートで諏訪内晶子のバイオリンを聞いたときもそんな感じでした、まわりの音と調和しながら別次元にいる感じ、上手くいえないけど)。

会場の観客の拍手は凄くて、ブラボーの嵐、プログラムが終了したあたりから1階席のお客さんの中に前に出てくる人が出てきて、アンコール曲が終わる度にどんどんその数は増えて、ほとんど民族大移動状態でした。どさくさにまぎれて握手したり物を渡したりする人も出ていました。最後は席を移動しなかった人も、2階席、3階席の人も、立って拍手状態。びっくりしました。個人的には、そういう部分も含めてすごく良いコンサートでした。

最後に、音楽以外のところで印象に残ったこと。フランス人の指揮者の人が、東京フィルをたてることを常に忘れなかったことです。曲が終わってまずデッセーがお辞儀をし、その後、指揮者と共にお辞儀をすべく指揮者に手を伸ばしているのに、指揮者はまず東京フィルやソロ伴奏をとった団員を観客に指し示すのです。おかげで毎回腕を真横に伸ばしたまま、しばらくデッセーが待たされるのがちょっと気になりましたが、指揮者の気遣いは日本人として嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.27

F1中国GP

中国でのF1初開催、しかも巨大な中国市場へのアピールを狙って各自動車メーカーもPRに力を入れているとあって、開催前から一般紙でも結構取り上げられていた中国GP、個人的にはなかなか面白いレースでとても楽しかったです。ライコネンが最後のピットストップ後にバトンに抜かれるまでの、バリチェロ(フェラーリ)とライコネン(マクラーレン)の駆け引きが面白かったです、第一スティントと第二スティントの周回数がほぼ同じ、ピットストップ時間もほぼ同じなのに、第三スティントの長さが二人全然違ったあたりからわけわからなくなりましたが。つまり、最初(予選)の段階で、バリチェロの方がライコネンより積んでいたということになると思うのですが、そうするとバリチェロは本来より早く最初のピットインをしたことになるわけで、先頭走っているのにその意味があるのか考えていたら、レースがどんどん進んでいってもういいやということになったということなのですが、第一スティント、ライコネンの方がペースが良いように見えたから、バリチェロは是が非でも前に出るためにライコネンにあわせてピットインしたのだとしたら、マクラーレン側は最初のピットストップを短くしてとりあえず前に出たらまた違ったかもしれない、というか、それ以前に最初に同時に入ってきた時点でもとりあえず前に出れば・・・と思ったのですが、まあ、結果論だし、素人はえらそうに言うべきではないですね。今回は(も)フェラーリが一枚上手だったということで、勝つために積極的に打って出た結果なので、こういう負けは負けでも後味いいですが、バトンに2位を獲られたのは残念です。もっと後方にも注意を払って・・・、ライコネンはインタビューで、「勝つために来ているのだから、2位を失ったことにはがっかりしていない」みたいに言っていて、それはそれでかっこいいけど。なんにせよ、この三人の攻防は面白かった、いいレースを見せてくれたと思いました。

上位3人がスキのないドライビングでレースを沸かせる一方、なにかこう、ネタの部分でレースを沸かせるドライバーが多いレースだったように思います。タイヤを飛ばして、地上波実況に「後方ではありますが、結構ドタバタ」と、ニュアンスにごまかされそうになりますが、よく聞くと全く救いようのないこと言われたミナルディのブルーニ、このところ恒例化している1レース1接触を実践、それが元でタイヤパンクと、相変わらず散々なレースのクルサード(自分が事故原因になっていることも少なくないけど、それでも気の毒になります、普通にレースが進めば表彰台争いできると思うし。後、ミハエルとのバトルはかっこ良かったです)、アメリカGP以来のレース復帰を果たしてシーズン前半とは見違えるほど落ち着いたドライビングを見せていたのに、クルサードと接触したらさっさとレースを投げてしまったラルフ・シューマッハ(モントーヤのチームに対する不満のコメント(ラルフのほうがいい扱いというアレ)を聞いたり、ラルフの、マクラーレンのガレージに頭突っ込みかけたマシンを移動させているピットクルーを見たりしていると、ウィリアムズのスタッフもつくづく大変だなと思いました。見ているほうは面白いけど)、そして意外にも予選でスピンし最後尾スタート、レースでもクリエンと接触したり、単独スピンしたり、タイヤをパンクさせたり、ピットイン直前に前のマシンかわしていらん屈辱与えたり、最後の最後でファステストラップ決めたり、といろいろな意味で大活躍のミハエル・シューマッハ(途中までラルフと入れ替わっているのかと思いました)。兄シューマッハは今季ワーストの12位でしたが、映りっぷりは今季一番だったように思います。面白かったけど、この人にはやはり優勝争いしてほしいです、自分は。

佐藤琢磨選手は今回18番手からのスタート、あまり目立たなかったけれど、堅実に6位に入って良かったです。何かルノーテイストな、上海GP限定のユニフォーム、彼が着るとガソリンスタンドの店員さんみたいでした。

ルノーから復帰のジャック・ヴィルヌーヴ、復帰戦は見せ場がなく結果も残念でした。ブランクがあるせいかもしれないですけど、乗っているのがトゥルーリのマシンだからじゃないかと思ってしまいます、つまり、やっぱり車が良くなかったんじゃないかと。

最後に、結局漢字がふんだんに使われている以外取り立てて現場において発見すべきことはなかったらしいタレントさんの現場レポートに時間費やすくらいなら、この2週間起こったさまざまなことを、レースの合間に思い出したように伝えるのではなくて、まとめて冒頭で報道してくれれば良いのに、と思います。ストーブリーグ情報まで言えとは言いませんけど、レースを見る前提になる事柄は前もって説明してほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.23

ボーイソプラノの魅力

クラシックには、同じ曲をいろいろな演奏で聞き比べるという楽しみ方があります。自分はクラシックファンではないので、オーケストラの演奏などでそういうことをすることはありませんが、ボーイソプラノはよく聞くので(しかもレパートリーがだいぶかぶるので)、ボーイソプラノをメインに、ときどき大人の歌手の演奏を混ぜて聞き比べたりしています(大人の演奏は圧倒的に保有数が少ないですが)。

大人の演奏と子供の演奏を聞き比べると、声の美しさそのものはともかく、発声、安定感、技術、表現力の部分で、やはり圧倒的に大人の方が上です(何人か大人レベルに達しそうな子はいますが)、上手さでは子供は敵いません。やはり歌手は歌のプロなわけですから、歌が上手いということは大前提のことですし、自分も歌を聞く上で、上手いかどうかは大きなポイントになります。にもかかわらず、私は未熟な子供の演奏が大好きですし、大人と子供を聞き比べていると子供の演奏の方に良さを感じることも多々あります。

ボーイソプラノは当然まだ子供ですから、その歌声にもどこか子供のそっけなさみたいなものが感じられます。曲の盛り上がりに沿って、強弱、緩急をきちんとつけているし、それぞれのレベルに応じた技巧も加えていたりしますが、声そのものにはどこか無機質な、無感動な感じを受けます(大人でも曲によって人によってそういうことはありますが)。そして、装飾も少なくさらっと歌い上げます。これは、技術の未熟さから技巧的な歌い方が出来ないというのもありますが、大人に近いレベルでトリルやビブラートができる子供でも、必要な限度でしか使わず、大人に比べるとかなりあっさりと歌っています(おそらく先生に指導された範囲で色をつけているだけなのでしょう)。

そのおかげで、曲の本来持っている美しさがそのままストレートに伝わってくるように自分は思うのです。オペラのアリアの場合、感情的な歌詞が曲にのっかっているわけですが、子供は、歌詞の内容に合わせてというよりも、曲の中の特に美しい部分や心に響く部分に力をいれて歌い上げるので、ドイツ語やイタリア語で歌われて何言っているんだかわからない(しかも歌詞カードで確かめようとしない)自分でも楽しめますし、なにより、全体的に素朴に素直に歌っているだけにそういうおいしい部分の素晴らしさが際立ち、より感動します。また、そういう部分を技巧よりも音と声の美しさで表現するので、技巧の素晴らしさにより本来の曲の美しさが霞んでしまったりぼやけてしまったりすることもありません。素直に無欲にただ曲そのものから受ける本能的な感性にしたがって歌っているような彼らの歌声こそ、声楽の分野の中で、理屈抜きに耳から聴いた音楽を楽しむという、最も原始的で自然な楽しみ方に一番向いているような気がします(そういう意味では楽器演奏に近いので、だったら楽器演奏聞いてろって感じですが、自分は人の声がすごく好きなので、人の声で表現される美しい音楽を楽しみたいのです)。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.09.18

史上初のプロ野球スト決行の日にF1ネタ

何だかこの1週間、えらく動きが激しかったですね。とりあえずまとめておくと・・・。

◎ジャガーがF1から今季限りで撤退。
◎ジャック・ヴィルヌーヴがルノーで残り3レースに参戦、来季はザウバーに加入。
◎トゥルーリのイタリアGP限りでのルノー離脱とトヨタ移籍の正式発表、トヨタのテストに参加。

話の展開についていけなかった素人は下手なことは言わないでおこうと思います。

トヨタはこれで来季のドライバーのラインナップが確定しましたが、ムラが多そうでおもしろそうです。トゥルーリの契約解除は、本人にとっても本望みたいだからまあ、良かったですね。ゾンタは結局つなぎだったのが、気の毒です。残り3戦良いレースをしてほしいですけど、どうなるかわからないから・・・、いろいろな意味で。自分としてはトゥルーリに出て、自己最高位のドライバーズ4位を守ってほしいし、パニスにも引退前のレースなのだから全て出てほしいし・・・。

とりあえず、全くこの間話が出ていないクルサードはどうなっているのでしょうか。バトン問題に左右されますが、BARかウィリアムズ(バトンが移籍できなければ。でもいろいろ言われていますけど、結局来年になれば何事もなかったようにウィリアムズのコクピットに納まってグリッドについていそうな気もします)になるんじゃないかと思うし、なってほしいと思います。一番いいのは、ライコネンと共にレースドライバーとしてマクラーレンに残ってくれることなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.13

F1イタリアGP

ドライバーズ、コンストラクターズの両チャンピオンも決定し、いよいよ残りわずかとなった今シーズン、ヨーロッパラウンド最後のレースとなったイタリアGPは、今季何回目か忘れましたがのフェラーリの1-2フィニッシュ、でも今回はいつもと違ってバリチェロの優勝でした。いや、良かった、良かった。今季は明らかにフェラーリのマシンがずば抜けて良く、現にミハエル・シューマッハはイタリアGPの前の時点で14戦中12勝しているのですから、いろいろチーム内の事情があったとしても(そして運・不運の圧倒的な差があるにしても)、バリチェロが今季未勝利というのはかっこがつきません、勝てて本当に良かったです。3回目のピットアウトのときは、その前の数周でファステストを連発して後続との差を十分に広げていたことはわかっていたのですが、それでもドキドキしました。この人は勝利を喜ぶ姿も気持ちいいです。うちの母親に「外人さんは年より老けて見えるから、うーん、35歳でしょ(本人は十分に若く見積もったつもり)」と言われたバリチェロですが、喜んでいる姿は無邪気な感じで微笑ましく、「良かったねー」とこちらまで嬉しくなってきます。

バリチェロの勝利に大きく貢献したと思われるミハエル・シューマッハのオープニング・ラップのスピン、バトンとの接触が原因らしいですが、あれがなければ今回も圧勝したんでしょうね・・・。スピンして大きく後退しても本来の作戦(多分)で2位まで上がってこられるんですから(しかも1位と僅差)。

それからBARホンダがとうとうルノーを抜いてコンストラクターズ2位に浮上しました。佐藤琢磨選手も今回は手堅く4位入賞ということで、良かった、良かった。オープニングラップで順位を落とす癖がついているみたいなのでそこをなんとかしてほしいものです。ミハエル2回目のピットアウトのときは接触するんじゃないかとちょっとひやひやしましたが(地上波実況は蜂がつついたような大騒ぎで大ウケ)、無難に行ってくれてホッとしました。バトンも、チーム内でのポジションが微妙じゃないかと思うのですが、さすがに仕事はきっちりこなしてきてたいしたものだと思います。

そのバトンが行く行かないで揉めているウィリアムズ、とりあえず予選のパフォーマンスは良くなってきたみたいですが、運がないことも手伝って決勝結果がイマイチのってこないですね。途中までいいパフォーマンスをみせていたモントーヤが急に消えたと思ったらいつのまにか後方に沈んで回復してきませんでしたが、またトラブルだったみたいで残念です。ピッツォニアもいいパフォーマンスは見せていたけれどこちらもオープニングラップで躓いたのが響いて残念な結果に終わって気の毒でした。彼は今回が最後のレースなんですよね・・・、でも十分いいアピールできていたと思います。どこかレギュラーでいけるといいのに・・・。

今回もノーポイントに終わったルノー、何かモントーヤがドライバーズランキングで背後に迫ってきていますが、なんなんでしょうか、このところの停滞っぷりは。単独スピンでリタイアに終わった今回のアロンソは仕方ないとして(なんで彼はグラベルから押し出してもらえなかったのでしょうか、去年のニュルブルクのミハエルのときはやってもらえたのに。ノーズの向きのせい?なわけないですね)、どうして毎度毎度トゥルーリは、というかトゥルーリばかりあんなに遅いのか、不思議です。不思議と言えば、アロンソって、ルノーが苦手と言われるエンジン・サーキットでなんでいつもあんなに速いのか、それも不思議です、ちょっと話の流れからずれますが。

マクラーレンは速さはともかく運は相変わらずですね。相変わらずクルサードは誰かしらと接触しながらまったり走行できっちり完走地道にポイント、相変わらずライコネンは事故を除けば真っ先にマシントラブルによるリタイア、相対的な速さを除けば前と変わっていないような。まあ、速くなったということは大きいことですが。

ジャガーはレース前半結構かっこ良かったのです、ウェバーなんかシューマッハしばらく抑えていたし。後半はもっぱらクリエンが周回遅れとして映りつづけるばかりでしたが。

ミナルディのブルーニの火事、大事に至らないで良かったです。びっくりしました。

自分、まだ「車がとんでもないスピードで走っていくその様を見ているだけで楽しい」というレベルなので、今回はそういう意味でも見ていて楽しいレースでした。国際映像のカメラのアングルも比較的良くて、スピード感が十分に伝わってきましたし。レース時間が短いので地上波でもカットが少ないのも良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.10

F1佐藤琢磨、「コンファルティジャナート・モトーリ賞」受賞

BARホンダの佐藤琢磨選手が「コンファルティジャナート・モトーリ賞」を受賞ということで、おめでとうございます。どれくらいすごい賞なのか知りませんが、過去の受賞者が兄シューマッハだの、プロストだの、ハッキネン、クルサードだのとすごい面々、この人たちと同じ賞を受賞したのですから、それだけですごいことのように思えます。日本人が外国で高く評価されるのは嬉しいことです。

トヨタのオリビエ・パニスが今シーズン限りでレースから引退することが発表されました。後2年間、トヨタでテストドライバーを務めるそうですが・・・、自分、この人のすべての発言をチェックしていたわけではないですが、レースドライバーとして残留したがっていると受け取っていたので、自らの意思による引退というのはちょっと意外でした。トヨタだし、裏がないのかなと思わなくもないですが、でも裏があるならテストドライバーとして残るってこともないだろうし・・・。ともあれ、お疲れ様でした。結構好きだったのでちょっと残念ですが(ただ正直言うと、F1ファン歴短い自分にはイマイチ彼の実力の程がよくわからなかったです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.05

F1:ライコネンと携帯電話のCMの話

あまり新しいネタではないんですが・・・。今マクラーレンの公式ホームページで、キミ・ライコネンのプロモーションビデオが見られます。本当のところは映像のところどころでクローズアップされている「Siemens SX1」という携帯電話のCMビデオらしいのですが、ライコネンのロングインタビューと、ライコネンがパラゴンのスタッフの前でスピーチしたり、ゴルフをしたり、トレーニングをしたりしている映像で構成されていて、全編ライコネンづくし、ファンは必見です。とりわけ、ゴルフのシーンでは、大声をあげたり(彼にしては)、声を出して笑ったりしている珍しい光景が見られます。

アドレス→ttp://www.mclaren.com/interactive/video/video.htm

インタビュー内容は、自分にはそれを聞き取るヒアリング力がないのでよくわかりません。日本語でこのインタビューが見られるサイトを知らないのですが、

ttp://www.f1welt.com/newscenter/14950.html?aktjahr=2004&aktmonat=08

で、その要約(抜粋?)が見られます。ただし、書かれている言語はドイツ語なので、どちらにしろ自分にはよくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »