« ピーター、100m自由形五輪連覇 | トップページ | F1ベルギーGP »

2004.08.21

オリンピック雑記

アテネオリンピック、柔道は全階級の試合が終了し、男子が金3つ、銀1つ、女子が金5つ、銀1つという素晴らしい成績を残しました。最終日もアベック優勝。女子78kg超級の塚田選手の、決勝の奇跡の逆転の寝技、素晴らしかったです。相手の寝技が完成する前に相手の下から抜け出し体の位置が逆になってから寝技に入るまでの無駄のない動き、チャンピオンにこんな当然のことを言っては失礼かもしれませんが、「上手いなあ」と感心しました。男子100kg超級の鈴木選手が何度も見せてくれた内またによる一本勝ちも興奮しました。自分は、古賀選手や吉田選手が現役だったころ彼らのファンだったので、彼らが得意とした背負いや内または特に好きな技なのです。というか、単純にこれらの技がやはり見ていて一番かっこいいですね。

自分、女子体操で可愛い選手を見つけるのがオリンピックの楽しみの一つなのですが(・・・)、今回は女子個人総合で4位に入ったロシアのアンナ・パブロワ選手がとても可愛らしいと思います。メダルを取り損ねて、静かに大きな愛らしい目から涙が流れるがままにしている姿に、つい食い入るように見入ってしまったバカは自分だけではないと信じたい。

オリンピック前半終了していろいろ選手などの名言、迷言が出ているみたいですが、個人的に一番ツボだったのは、競泳男子背泳ぎの森田選手について言った、近所の(?)おばあちゃんの「3丁目町内会の誇り」ですね。そのおばあちゃん、「もう3丁目町内会からはオリンピック選手は出ないかも」とも言っていたと思いますが、フレンツェンとハイドフェルトの例もあるし(オリンピック選手じゃないけど)、わからないですよ(とここで語りかけても意味ないですが)。

|

« ピーター、100m自由形五輪連覇 | トップページ | F1ベルギーGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック雑記:

« ピーター、100m自由形五輪連覇 | トップページ | F1ベルギーGP »