« F1ハンガリーGP予選 | トップページ | 男子体操団体28年ぶりの金メダル獲得 »

2004.08.16

F1ハンガリーGP決勝

自分、短年F1を見続けておりますが、こんなに腹が立ったのは初めてです(理由は後述。いや、F1自体は特に問題ないですけど)。怒りのあまり、途中からレース展開を全く追えなくなった私を一瞬で和ませてくれたロス・ブラウン氏とバナナに感謝です。おいしそうなバナナ・・・。さすがフェラーリ、バナナまで品質良さそうです、真っ直ぐで、傷がなくて、立派で・・・。

まずは時間の問題だったフェラーリのコンストラクターズのチャンピオン獲得、おめでとうございます。文句なしですよね、本当に素晴らしい。ここ数戦、ちょっとレースを操って遊んでいた観のあるシューマッハも、今回はガンガン行ったみたいですね、後続との差を見る限り。タイヤの相性とかコースの特殊性とか関係しているのか自分にはわかりませんが、とにかく、フェラーリとその他との本来の実力の差をまざまざと見せつけられた感じのレースでした。

フェラーリ1-2の後に入ってきたのが、ここのところ表彰台づいている、ルノーのフェルナンド・アロンソ。相変わらずスタート、素晴らしかったです。意外だったのは、このところ表彰台づいているアロンソが、このところ0行進が続いているトゥルーリより、まだドライバーズ・ポイントが下だったこと。まだトゥルーリがドライバーズ3位なんですよね。そう思うと、トゥルーリにばかりトラブルがあるのは、もったいない・・・、なんとかしてください、ルノーさん。

とか人に同情している場合ではなくて、なんとかしてください、マクラーレンさん。そりゃ、予選見て期待する気も起こらなかったけれど、それだからと言って、いの一番にリタイアとか、完走してもポイント圏外とか、そんなのは予想通り期待はずれだったにしても、予想の範囲外というか、許容の範囲外です。サーキットの特性やレースごとの状況の違いというのがあるから何とも言えないのだけれど、Aスペック時代に逆戻りしたような錯覚を覚えました。いやまさにそのまんまではないですか、序盤のリタイア、完走すれどポイントなし。

偶数列にもかかわらず非常によいスタートを切ったライコネンはさすがだと思いました。それなのにスローダウンしているという解説の言葉を聞いたときのショックは・・・。もう、「カーナーダ、カーナーダ(スローダウンしたものの何とか完走してポイントゲットした今年のカナダGPのことです)」と頭の中で連呼しながらピットインで解決することを願っていたのですが(って良く考えたら録画だから意味がないんだ・・・、そのことに今気づいた)、駄目で、そのあたりからバナナで解決するまでの間、怒りが収まらなかったわけなんですけど。だって、またですよ、また。またマシントラブル!チーム全体よくがんばっているんだとおもうけど、それでもマクラーレンはゆっくり休暇を楽しんだみたいだと嫌味の一つも言いたくなります。とりあえず完走させてください、ってこれじゃあ、まんまシーズン序盤じゃないですか。本当にいいドライバーなのに、もったいないです。

ぶっつけ本番の新ノーズでのぞんだウィリアムズ、旧ノーズとの違いが良くわからない決勝結果でしたが、とりあえずは2戦連続のダブル入賞ということで・・・。予選で勝ったピッツォニアの方がモントーヤより積んでいたんですね・・・。結果はスムーズにスタートしたモントーヤが上だったけれど、結構いい存在感出せていたように思います。この調子で行って、ウィリアムズでなくとも、どこかのレギュラーシートを取れるといいですね。そういえば、みんな団子になってピットインしていたように思うのですが、レースを重視して予選のパフォーマンスを犠牲にしたというモントーヤのコメントは一体・・・。

BARホンダ勢はバトン5位佐藤6位とまあ、可もなく不可もなく。佐藤はオープニングラップで順位を落としたのが痛かったですね。なんか今年のヨーロッパGPを思い出したんですけど、それでもバトンのすぐ後ろでフィニッシュできて良かったです。まあ、あんなに順位落とさなければ、まず確実にバトンの前でフィニッシュできたと思うので、残念ですが。とりあえず、後ろからとんでもないスピードで飛び出てくる車があってもあわてないでほしいです。

トヨタのゾンタは気の毒なグランプリ復帰戦でした。今回唯一の接触事故で被害が出たオープニングから運がなかったみたいですね。次ぎ頑張ってほしいです。

|

« F1ハンガリーGP予選 | トップページ | 男子体操団体28年ぶりの金メダル獲得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/1204495

この記事へのトラックバック一覧です: F1ハンガリーGP決勝:

« F1ハンガリーGP予選 | トップページ | 男子体操団体28年ぶりの金メダル獲得 »