« バトンがウィリアムズへ | トップページ | 歴史をめぐる対立について »

2004.08.08

日本がサッカーアジアカップ優勝

日本代表、2004年アジアカップ優勝おめでとう!ということで、中国人サポーターのブーイング問題で、本来とは違った方向性で話題が発展した2004年のアジアカップ、決勝で日本が中国を3-1で下し、決して有利とはいえない状況下で見事制しました。特に自分の中で印象的だったのは、川口、中澤、鈴木の3選手です。川口の再三にわたるファインプレーはすばらしかったし、中澤、鈴木のように、闘志むき出しにがむしゃらに食らいついていくようなプレイをする選手が個人的には好きなんです。もちろん、ゴールを決めた3人を始め、全選手、いいプレイをしていたことはわかっていますが。中国チームのキーパーもなかなかよく頑張っていたと思います(その他の選手は顔が区別がつかなかった・・・)。

中国人サポーターのブーイングは相変わらずでしたね。日本チームがボールを持つとブーイング、中国チームがボールを持つと歓声、と、その都度、きれいに切り替えていたのは笑いました。日本チームが結果として勝ったので、自分、ちょっと余裕のコメントです。でも、試合が終わる前に帰るのは、自分たちのチームに対しても失礼だと思います。負けたとはいえ、いい試合をしていたのだし、ここまで頑張ってきたのだから、試合終了後に自国のチームの健闘を称えてもいいと思うんですけど。

|

« バトンがウィリアムズへ | トップページ | 歴史をめぐる対立について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本がサッカーアジアカップ優勝:

« バトンがウィリアムズへ | トップページ | 歴史をめぐる対立について »