« トヨタのドライバー交代 | トップページ | 日本がサッカーアジアカップ優勝 »

2004.08.06

バトンがウィリアムズへ

ウィリアムズのもう一人のドライバーが遂に決定しました。いろいろな候補の名が挙がったけれど、そのシートを埋めたのは、意外にも(?)BARホンダで活躍中のジェンソン・バトン。確かこの人、前にウィリアムズの候補として名が挙がったときに、「いや、BARに残って、BARでチャンピオンになる」みたいな発言をし、「もったいないなあ」と思いつつその男気(いや、自分にはBARがいくら好調でもウィリアムズに移れる時に移った方がいいように思えたので、BARに残るという発言は男気の表れとしか見えなかったのです)に感心した記憶があるのですが、結局は「やっぱりね」の結論をとったわけですか。でも、その方が絶対良いと思います(というか、今となっては、あの発言を真に受けた自分に感心)。

ただ、個人的には、あまりわくわくする結論ではないです。バトンがどうのというのではなくて、他に乗ってほしいドライバーがいたから。具体的にはジョーダンのニック・ハイドフェルドのことです。今までのF1人生が不運だったから良いシートを獲得してほしいというのも大きいけれど、この人も、シートに恵まれないけれど比較的評価の高いドライバーみたいなので、トップチームのマシンを運転するところが見たかったのでね。

|

« トヨタのドライバー交代 | トップページ | 日本がサッカーアジアカップ優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/1137334

この記事へのトラックバック一覧です: バトンがウィリアムズへ:

» さあどうするジェンソン・バトン [Weblogはじめました]
Crash.Net Japan-FIA、BARとバトンとの契約を認める BARは10日、FIAの契約認証理事会が、ジェンソン・バトンとBARとの契約のみが20... [続きを読む]

受信: 2004.08.13 17:30

« トヨタのドライバー交代 | トップページ | 日本がサッカーアジアカップ優勝 »