« 国語に関する世論調査 | トップページ | バトンがウィリアムズへ »

2004.08.06

トヨタのドライバー交代

今F1は3週間の夏休みの真っ最中なわけですが、自分、何を勘違いしたのか、この期間にオリンピックをやるものと思い込んでいまして、F1の空白期間をオリンピック観戦で埋めようと楽しみにしていたのですが、13日開幕、って、それじゃあ、ハンガリーGPが開幕しちゃうじゃないですか。空白期間は結局そのままということでちょっぴり寂しい今日この頃ですが(サッカーのアジアカップ決勝が今は楽しみ)・・・。

もっと寂しいニュースが・・・。トヨタのクリスチアーノ・ダ・マッタに代わって、サード・ドライバーのリカルド・ゾンタがハンガリーGPで出走することになりました。冨田チーム代表の話によれば、ダ・マッタは2004年末までトヨタの一員なので、トヨタの何らかの活動に加わることにはなるそうですが。まだ正式に発表されたわけではないけれど、もうこれで事実上、完全にダ・マッタのトヨタ残留はなくなったと見ていいんでしょう。空いている他のシートについても、ダ・マッタの名前が候補に挙がったのを見たことがないので、来季はF1にいない可能性が大きいです(本人も希望していないという話もありますが)。

自分は、全然触れませんでしたけど、ダ・マッタは好きだったので、残念です。基本的にはトップチーム以外視野に入ってこない自分の中で昨シーズン印象に残った、数少ないトップチーム外のドライバーでした。確か、イギリスGPで、そのときはまぎれもなくトップチームだったマクラーレンを抑えて長いこと1位で走行した後のインタビューだったと思うのですが、「ウィリアムズやマクラーレンに追いついたと思いますか」という質問に対して、それは否定した上で、「でも、トヨタはまだ2年目なんだよ、きっといつか彼らに追いついてみせるよ」と答えていて、それが嬉しくて、ダ・マッタにそれを実現してほしい、と思ったことが記憶に残っています(とか言いつつ、ちょっと記憶があいまいなんですが、こんな感じだったと思います)。本当にダ・マッタに実現してほしかったんですけど(でもどうでもいいや、とちょっとトヨタに対して投げやりな気分です、今は)。

|

« 国語に関する世論調査 | トップページ | バトンがウィリアムズへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/1130314

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのドライバー交代:

« 国語に関する世論調査 | トップページ | バトンがウィリアムズへ »