« F1ドイツGP決勝 その1 | トップページ | F1ドイツGP結果 »

2004.07.26

F1ドイツGP決勝 その2

今回フェラーリは一人は速すぎて、一人は遅すぎて、共に(特に地上波では)蚊帳の外だったわけですが、そのおかげで素直にレースを楽しめた感があります。ミハエルがあまりに映らないのでその存在を忘れることができ、どれも優勝争いとは無縁のバトルであり、素晴らしいバトルではあっても、ミハエルには手も足も出ない人たちの中での戦いに過ぎないんだということをあまり考えずにバトルを楽しむことが出来ました。だから、唯一優勝争いに絡めそうだったライコネンの、マシントラブルによるリタイアは、そういう意味でも本当残念でした。

ライコネンのクラッシュ、ラルフやトゥルーリの事故の後だけに(ジョーダンのファーマンも同じような事故で数戦ふいにしたし)、こわかったけれど、本人にダメージがなく、体の心配が即リアクションの心配に変わるほどで、良かったです。即リアクションの心配に変わるというのがなんとも・・・。こんな心配をしなければならないのが、今のところライコネンのみというのがなんとも・・・。今回は、でも、マーシャルにいくら触られても突き飛ばさなかったですからね、手をぐるんぐるん振り回すにとどめましたから。攻撃したのはステアリングですから今回は、しかもちゃんと後で拾ったし(でもステアリングを投げるのは何かまずいらしいけど、大丈夫なんでしょうか)。・・・ああいう態度を見てもファンは馬鹿なもので、困ったもんだなと思う前に、同情してしまうんですよね。今回もミハエルに勝てたかどうかは疑問だけど、それでも前回よりもっと僅差の戦いが出来ただろうし、少なくとも表彰台には登れただろう、それに彼自身には一切落ち度がないわけですから。それにしても、今季、ライコネンのマシンにトラブルが集中しすぎているような(スタッフのやる気は疑わないですが。今回のスタートディレイのときも、他のどのチームよりも早くライコネン車のケアに走っていきましたし)。クルサードの方は、エンジンブローは別にして、マシンバランスが、くらいの問題しか発生していないのに(多分)。その代わりクルサードはレース中にもらい事故とか、破片を踏むとか多いけど。結論としては運の悪さはどっちもどっちだ。

すっかり忘れていたけれど、トヨタ、今回からBスペックなんですね。何か、変な存在感しか出せていなかったのが残念ですが、ドライバーのコメントは悪くないので今後に期待です。あとダマッタのパンクによるスピン、大事にならなくて良かったです。

こちらもすっかり忘れていたけれど、モントーヤ、残念でした。スタートの失敗が響いたわけだけど、それを取り戻せるほどの戦闘力がまだウィリアムズにはないんですね。

何か予選は、名門チームの底力を見た感じでしたが、フェラーリにシーズン始めから対抗してきたチームが踏ん張りを見せた結果となりました。ルノーとBARの力関係がよくわからないです、なんかBARは空力を元に戻したらまた速くなったとか地上波解説では言っていましたが(多分)。

|

« F1ドイツGP決勝 その1 | トップページ | F1ドイツGP結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/1055468

この記事へのトラックバック一覧です: F1ドイツGP決勝 その2:

« F1ドイツGP決勝 その1 | トップページ | F1ドイツGP結果 »