« F1イギリスGP予選 | トップページ | 参議院選挙 »

2004.07.12

F1イギリスGP決勝

とにかく、今回のレースはこれに尽きます。

キミ・ライコネン、2位表彰台獲得

「また、2位だよ(苦笑)」の鈴鹿から9ヶ月(←あまり意味ない)、その2位を再び獲るのに、これほど長くかかるとは。本当に久しぶりに今日はずっと見たかったものが見られました。序盤、ポールからいいスタートを切って後続をどんどん引き離し、特に運やアクシデントに助けられることなく表彰台を獲得(トゥルーリの事故がなければ2位にはなれなかったかもしれませんが)。ピットストップ数の違いが関係していると思いますが、それでも、時にミハエルの赤い車をもマクラーレンが追いまわす光景は、単純に見ていて嬉しかったです。

改良型は、フェラーリは当然として、ルノーやBARとの比較においてもやっと追いついてきたかどうかくらいに見えますが(フランスGPや今回のクルサードを見る限りグリッドの中盤に沈むとまだ苦しそう)、それでも前のよりはずっと良いみたいですね(←GPごとに言うことがすぐ変わる)。これを走らせるべく頑張って2レース前倒しで成し遂げたマクラーレンチームのスタッフ、本当お疲れ様。そして、すぐに結果につなげたライコネンは本当にすごいと思います。苦しいシーズン前半を耐えてここまでよく頑張った、と感心します。久しぶりに記者会見に臨むライコネン見たけど、なんか心なしか、きりりとしたいい顔になったように見えました。

トゥルーリの事故、トゥルーリに何もなくて本当に良かったです。

バリチェロをひきつけるため、あえてペースを落としたミハエルのチームプレーが良かったです。チームプレーは好きです、見る人が見れば何か思うところのあるチームプレーなのかもしれなくても。特にここ数戦のフェラーリチームは、何かしら興味深いことをするので、見ていて楽しいです。

|

« F1イギリスGP予選 | トップページ | 参議院選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/954619

この記事へのトラックバック一覧です: F1イギリスGP決勝:

« F1イギリスGP予選 | トップページ | 参議院選挙 »