« ベジュン・メータ | トップページ | F1イギリスGP予選 »

2004.07.09

F1速報フランスGP号

(スポーツと関係ないけど)草ナギ剛くんがとうとう三十路に突入、これでSMAPのメンバーで20代は一人となった今日、遠く離れたイギリスでは、今季の第11戦目となるイギリスGPが開幕するわけですが、今回は今日買ったF1速報の前回GP号についてです。

自分、今年になってからほぼ全部のGPのF1速報買っています。巻末に載っているGPデータ集のラップタイム表がほしいというだけなので、一冊に複数のGPの分が載っていたアズエフが休刊しなければ出費が減るのに、とけちくさいことを思ったりしますが、まあ、買えばそれなりに楽しめます(買う程かどうかは別ですが)。

で、今回、面白かったのが、各ドライバー(テストドライバーも含む)のヘルメットのデザインの特集。テレビでは区別がつかないフィジケラとマッサのも、並べて比べると全然違う(こんなこと思うの自分だけか・・・)。各ドライバーのコメントを読むと、ヘルメットに対して結構こだわりや愛着を持っているみたいで、ちょっと意外でした(こんなこと思うのも自分だけかな)。いや、自分だったらそんなにこだわらないと思うので・・・アーバインの(豹柄の)は抵抗ありますが。抵抗あるといえば、今回載っていたティモ・グロックのもかなり・・・。後ろの部分に、ロデオガールのマンガ絵がついているのですが、裸なんです、カウボーイハットとブーツと短銃を携帯するためのバンド(?)を着けているだけ、後姿ですけど。逆に好きなのは、ドライバーのファンだからというのとは関係なく、ライコネンのヘルメットです。サイドに入っている赤いラインがいい。テレビに映るとその部分が濃いピンクに見えますが、それがとてもきれいで、また他の部分ともよく色合いがマッチしていて、いつもみとれます。シンプルなところもいいです、ということで、さらにシンプルなクルサードのヘルメットも好きです。あと、佐藤とバウムガートナーの、キルティング素材っぽく見える模様も好きです。

あともう一つ、データ無限大のコーナー、今回は表彰台に上がった回数のドライバーランキングだったのですが、今年初めて表彰台に上がったバトンがアロンソより1回多いというのが意外でした(アメリカGP終了時点で)。6回のバトンが表彰台に上がったことのある全ドライバーの中で半分かちょっとそれより上にランクインしているんですが、それを見て、表彰台に上がるというのは、本当すごいことなんだと改めて思いました。がんばれ、佐藤。ちなみに言うまでもなく1位はシューマッハですが、現役2位はクルサード。こちらも違う意味で、頑張ってください。

|

« ベジュン・メータ | トップページ | F1イギリスGP予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/936454

この記事へのトラックバック一覧です: F1速報フランスGP号:

« ベジュン・メータ | トップページ | F1イギリスGP予選 »