« F1カナダGP決勝 | トップページ | 「デッドコースター」見ました »

2004.06.19

「シカゴ」見ました

今日DVDで「シカゴ」を見ました。アカデミー賞受賞作品だし、公開時話題になったので、結構期待してみたのですが、正直いまいちでした。自分にとって一番マイナスだったのは、目玉(だと勝手に思っています)のミュージカルシーンにハマレなかったことです。クィーン・ラティファの歌もキャサリン・ゼタ・ジョーンズの歌と踊りも素晴らしかったし(特典映像として入っていたこの二人のカットされたデュエットは特に良かった、未公開となったのが非常にもったいない)、レニー・ゼルウィガーの歌も悪くなかった、だから自分でもなぜだかはわからないのですが。映画全体に関して言えば、もう少し人物の描き方をきちんとすれば良かったのではないかと思います。なんというか、二人の悪女が主人公なわけで、主人公である以上、悪女であっても悪女なりの魅力が必要なわけですが、ロキシーに関して言えば、したたかと言うにはスマートさが足りず、たくましいと言う程に強さも感じさせず、にもかかわらずここぞというときに発揮される抜け目のなさに、ただの嫌な女にしか見えないところをゼルウィガー自身のぽやんとした雰囲気でかろうじて愛嬌あるように見せている(ただ、ゼルウィガーじゃなければもっと魅力的だったかもしれないとも思いますが、自分は彼女は結構好きなので)といった感じだし、ヴェルマに関しては、せっかくより悪女の魅力を感じさせるキャラであり実際演じるジョーンズのはまりっぷりで悪女の魅力が良く出ていたのに、その活躍が、ミュージカルシーン以外では少なすぎて、十分に存在感をストーリー上において発揮できていなかった(上手く言えないけど、どんなに美しい指輪でもそれが小さすぎれば輝きは小さいようなもの)と思うのです。そんな自分にとって、一番印象的だったのは、ロキシーのだんな役の、顔に似合わない美しい声と歌の上手さだったのでした。

|

« F1カナダGP決勝 | トップページ | 「デッドコースター」見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/795240

この記事へのトラックバック一覧です: 「シカゴ」見ました:

« F1カナダGP決勝 | トップページ | 「デッドコースター」見ました »