« F1ヨーロッパGP決勝 | トップページ | F1カナダGP予選 »

2004.06.03

佐世保の事件報道を見ていて

今世間を騒がせている佐世保の小学6年生の同級生殺害の事件、このニュースに接する度、何とも言えない思いにさせられるのが、「加害女児」という言葉です。自分の知る限り、「加害女児」などという言葉の使い方がされたのは初めてのことで、そういった、言葉の耳慣れなさもさることながら、女「児」という「幼さ」「非力」「小さい」「弱い」こういったイメージを持つ言葉が、そして実際、今までは事件・事故との関連では被害者としてしか語られなかった言葉が、殺人の加害者を指す言葉の中に使われている異様さに、この事件そのものの恐ろしさ、特異性が感じられるからです。まあ、実際には「児」という言葉は小学生以下の子に使われるわけで、それには当然小学6年生も含まれるわけで、そうして、小学生も6年にもなればそれなりに大きい子は大きいわけで(自分も既に160cmあったし)、言葉のイメージの話に過ぎないのですが。

|

« F1ヨーロッパGP決勝 | トップページ | F1カナダGP予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/707151

この記事へのトラックバック一覧です: 佐世保の事件報道を見ていて:

» 長崎佐世保市の小6殺傷事件 [日々適当なblog]
書こうか書くまいかで迷っていて 書かないでおこうと思ったのだが 書いてみる。(苦笑・・・) さてこの今回の事件でいろんなblogでと取り上げ ... [続きを読む]

受信: 2004.06.03 23:41

« F1ヨーロッパGP決勝 | トップページ | F1カナダGP予選 »