« 「デッドコースター」見ました | トップページ | 政治評論家早坂茂三氏の訃報 »

2004.06.21

F1アメリカGP

まずは、佐藤琢磨選手の、14年ぶりとなる日本人表彰台おめでとうございますですね。F1を見出してから日の浅い私には、正直、それほどの感慨があるわけではないのですが、表彰台の上に日の丸が下がっているのを見たときにはさすがにじんときました、感極まっている解説の片山右京氏にもね。それにしても14年ですか・・・。当時F1にはほとんど興味がなかったけれど、鈴木亜久里の顔が好みというそれだけで新聞記事をチェックし、彼の鈴鹿3位表彰台に感激してからそんなにも経つんだ・・・。それはともかく、今日の佐藤のレース、すごく良かったです。ミスもなく、本当に自分の力で勝ち取ったそんな感じで。最初のピットストップで後方に下がってからの追い抜き、かっこ良かったです。

それから、大クラッシュしたラルフ・シューマッハ、大事にならなくて本当によかった。ラルフといい、トラブルによりフォーメーションラップ直前にスペアカーに乗り換え、長いこと走らされた挙句失格になったモントーヤといい、前戦に続いてウィリアムズは気の毒としか言いようのない結果で・・・、というか、今年ウィリアムズのドライバーには毎回気の毒に思う事態が何かしら起こっているような。

今回、いつもにもまして何がなんだか自分の頭では良くわからないレースで、フェラーリがいつのまにあんな独走態勢になっていたのかとかもよくわからなかったのですが(これに関しては正直言うといつもそうですが)、とりあえず、地上波で片山右京が言っていた、セーフティカー走行中の、ピットに入ったミハエル・シューマッハの後ろになぜピットに入っていないBAR勢がいるのか、の謎が知りたい。

そして、前戦に続いてダブル入賞を果たしたマクラーレン。もう、エンジンが最後までもって、完走しただけで嬉しいので、周回遅れだろうが荒れたレースに乗じてに見えようが、気になりません、少ししか。本当、完走17台のレースでダブルリタイアしたチームが、こんなサバイバルレースで両方完走するとは・・・(そういう問題ではないですけれど)。両ドライバーともに困難なレースだったみたいで、本来ならば2ストップのところを、結果的にライコネンが4回、クルサードが3回ピットインしなければならなかったということですが、クルサードはアクシデントで仕方ないとしても、ライコネンの方は相変わらずのマシントラブルだったとかで、うんざり。しかも、前にもあった(確かスペイン)トラブルだそうで・・・・。
次戦から出てくる予定のMP4-19B、あまり期待していないですけど、とりあえずノーマルなピットストップ数でトラブルなしで完走できるものであってほしいです。

ミナルディのバウムガートナーの初ポイント、こちらもおめでとうございますですね。まさか、ブルーニより先にポイントを取るとは。なんか、「うさぎとかめ」のかめを思い出しました。

|

« 「デッドコースター」見ました | トップページ | 政治評論家早坂茂三氏の訃報 »

コメント

TBさせて頂きました。
セーフティカー中の、フェラーリピットにはほんとなんともスッキリしない謎が残りますね。
ほんと、なんだったんでしょうか。

とはいえ、佐藤琢磨おめでとう!!っすね。

投稿: やまけん | 2004.06.23 07:39

はい、佐藤琢磨、本当おめでとうです。

フェラーリの件は、バリチェロのスロー走行とホームストレートでの破片をさけるための徐行運転が上手く組み合わさってなしえたみたいです、F1関係の掲示板に書かれていた説によると。

投稿: 雪の子キノコ | 2004.06.24 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/814969

この記事へのトラックバック一覧です: F1アメリカGP:

» アメリカGP [あの日の日本製少年は今]
いまさらながら佐藤琢磨やりましたなぁ〜。 嬉しくてしょうがないね。 今まで何度も何度も表彰台に行けると思って行けなかった事があったから、やっぱり... [続きを読む]

受信: 2004.06.23 07:37

« 「デッドコースター」見ました | トップページ | 政治評論家早坂茂三氏の訃報 »