« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.31

F1ヨーロッパGP決勝

何かこう、いろいろな意味で今季の通常のレースに戻ったという感じでした。危なげないミハエル・シューマッハの勝利、いいところにさりげなく入ってくる2台のルノー、上位が崩れて表彰台に上るバトン、相変わらずエンジントラブルで消える佐藤琢磨選手とマクラーレン。

佐藤選手は本当に残念でした。今回はレース展開もすごく上手くいっていたのに。「遅かれ早かれエンジンが」とインタビューで言っていたけれど、もしもエンジントラブルが、地上波の解説で言っていたようにバリチェロとの接触が招いたものだとしたら、悔やまれますね、あんなに強引に行かなければ、と。実際、あの時点で強引に抜きに行く必要もなかったように思いますし。でもまぁ、ずっとレース中はチームメートの上に立っていたわけだし、これからに大いに期待が持てる内容だったと思います。

マクラーレンはこんな調子だと、トヨタとジャガーに一気に抜かれる可能性もありますね。エンジン替えたクルサードまでブローしているのだからどうしようもない。ライコネンはこの週末好タイムを出し、予選も4位につけ、決勝もよそ様には大変迷惑をかけつつピットインまで2位をキープして頑張っていたし、クルサードも素晴らしいスタートで順位を上げてずっと無理せず頑張っていた。ドライバーたちが頑張っているのに、マシンに足を引っ張られてそれが結果に結びつかないのは見ていてつらい、というかそれを毎回毎回見せられるのにはいいかげんうんざりです。ライコネンが、止まってからさすがに頭を抱え込んでいたのは本当に気の毒でした(しかし、そのあとマーシャルの引くマシンにお姫様座りで乗っかっていたのはなんだったのだろう)。

今回、個人的に面白かったのが、クリエン対モントーヤ。クリエン、結局抜かされてしまったけれど、あのオーバーテイクの名手のモントーヤ相手に、ルーキーながらよく頑張っていたと思います。モントーヤはそれ以外にも結構オーバーテイクしていたと思うけど、順位が順位だから・・・。ウィリアムズの二人はチームメイト同士でも本当によく接触事故を起こしますね。巻き添えを食ったダマッタが気の毒でした。そういえば、今回2台揃って遅かったウィリアムズ、どれくらい燃料入れていたのか気になっていたけれど、結局わからずじまいだったのが残念でした(ものすごく軽いと勝手に思っていたライコネンが、ルノーやBARのバトンと同じくらいだったのが意外でした。ルノーやBARが予定変更したのかもしれないけど)。

どうでもいいことですが、地上波、実況と解説のテンションと声の大きさが違いすぎて、困りました。ちょっと実況の人はうるさすぎますね、いくらなんでも。夜中に放映するものなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.30

F1ヨーロッパGP予選

佐藤琢磨選手が予選で2位に入り、決勝は日本人初のフロントローからのスタートとなりましたが、すごいですね・・・。日本人が予選2回目にトリで出てきたこと自体、感激でしたが、その勢いのまま2位にはいるとは・・・。彼がいい線行くとフジテレビが彼オンリーになるという難点がありますが、やはり同じ日本人が活躍するのは気分いいです。そしてまたしてもバトンに勝ったのもうれしい。この勢いで決勝では表彰台に上がってほしいものです。

マクラーレンのキミ・ライコネンが今季最高の予選順位となる4位に入りました。3位トゥルーリとの差が0.002秒ということで、セクター1ではみださなければもう一つ順位が上がったかもしれないのが惜しいところですが、でもあの車で本当によく頑張ったと思います。クルサードは残念でした。こんなこと延々と続いてうんざりです。

それからウィリアムズはどうしたんでしょうか。開幕の頃よりどんどんレベルダウンしているような。昨年はサンマリノあたりで復調の兆しが見え、モナコから二人揃っての快進撃が始まったわけですが、今年は逆に、サンマリノあたりから遅れをとり始め、モナコからドツボにはまりだしているような。決勝はいい結果であることを期待しています。

トヨタがモナコでダブル入賞したら、急にフジテレビも再度注目しだしたようで(TMGのホームレースということもあるでしょうが)。随分今回の放送ではトヨタに時間を割いていたように思います(一時は予選アタックも完全には放送しなかったのに)。今回の予選の放送は結構よかったです、無駄が少なかった。いつもこんな感じに、実況と解説だけで放送してくれれば良いのに、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.26

フジ地上波F1放送について

フジテレビの地上波のF1放送については、前前からいろんな人が指摘、批判しているように、いろいろな問題点がありますが、あまりにも初心者で画面とレース展開を追うのに必死な自分は、ほとんど実況、解説その他は聞いていないので、あまり音声面での問題は気になりません。自分が気になるのは一点、レースシーンの編集です。

CMが明けるたびに展開が大きく変わっていて面食らうとか、特にほとんどのチームが3ストップ作戦を取るようなレースの場合、前のピットストップが終わって位置関係を一生懸命把握しようとしている間にもう次のピットストップが始まっているという具合で、終わってみるとピットストップしか印象に残っていないとか。放送枠がきまっているからある程度仕方ないことなのでしょうが、例えば今回のようにスタートまでに時間を割き過ぎる(2回目のフォーメーションラップなんて丸ごとカットしていいと思います)などの選ぶ映像の偏り、不必要に長い出演者たちのトークを見ると、番組構成とカットの仕方(カットするシーンの選び方)を工夫すればもう少しなんとかなりそうな気がするのです。

それから、例えば、CMをはさんでカットした部分に起こったことを、CM明けに字幕で流すとかそういうことは出来ないのでしょうか(今回で言えば、「モントーヤ、○周目に最初のピットイン」とか)。版権がらみで何か問題がないのであれば、「図太いマタドール」とか見ているこちらが恥ずかしくなるようなキャッチフレーズを写真入りで出すくらいなら、レース情報を流したほうが・・・。まあ、これはこれで問題ありそうですが、何であれ、もう一工夫してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.24

F1モナコGP決勝

なにはともあれ、まずはヤルノ・トゥルーリF1初優勝おめでとうですね。バトンより先に初勝利をあげてほしかったので、ラスト、バトンに追い上げられたときはヒヤヒヤしましたが、勝ててよかった。今年はいい感じで事が進んでいると思います。対チームメートの成績もこの調子が続くといいんですけど。あと、荒れたレースのおかげとはいえ、トヨタやハイドフェルドが今季初のポイントをあげられたのもうれしいです。

それにしてもすごいレースだった・・・。事故のほとんどが他者がらみのため、終わってから、いつにも増してドライバーが他ドライバーに対する不満や批判を口にしていたけれど(アロンソに至ってはレース中に公共の電波では見せてはいけないはずのことをやって怒りを表現していましたが)、あれはどうなんでしょうか。アロンソとラルフのケースにしても、ミハエルとモントーヤのケースにしても、トンネル内の映像が肝心な部分が見えにくいのではっきりとしたことは言えないけれど、ウィリアムズの二人にそんなに問題があるようには自分には見えませんでした(むしろ・・・)。何にせよ、このレースを決定付ける2つのクラッシュが共にウィリアムズがらみというのがなんとも。ウィリアムズにはこんな形でレースを決定付けてほしくないんですが。

エンジンブローに関してBARに対しても批判の声があるみたいですが、こちらの方は下手すると取り返しのつかない事故につながる可能性もあったわけだし、ある意味仕方がないのかもしれないけれど、結果論という気もします。とにかくけが人が出なくて良かった。

派手なクラッシュによるリタイアのかげで、ひっそりマシントラブルで消えていったドライバーも何人かいたわけですが、その中に、ライコネンが混ざっていてがっかりというか、思ったとおりというか。せっかく、スタートで佐藤選手との接触を避けつつミハエルを抑えることに成功し、エンジンブローの煙幕も切り抜けたのに。

佐藤選手のスタートは素晴らしかったけれど、前の2台を押しのけてのかなり強引なもので、正直電車に割り込み乗車するおばちゃんを思い出しました。それくらい強気な方が好きですが。今回は残念だったけど、ここのところ、いち飛びで良い結果がでているので、次に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.23

F1モナコGP

仕事のせいで、やっとビデオを見終わったところなのですが・・・。ルノーのヤルノ・トゥルーリが初のポールポジション獲得。公式予選唯一の13秒台で、ラルフ・シューマッハの予選順位降格も無関係の、完璧なポール。このまま決勝も優勝してもらいたいです。

ショックだったのはジャガーのカラーリングとモントーヤ。モントーヤ、何でこんな順位に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.21

「ドーン・オブ・ザ・デッド」見ました(ネタばれあり)

一昨日、雨の中、仕事が終わってから、「ドーン・オブ・ザ・デッド」を見に行きました。何しろ映画館で映画を見るのは久しぶりで、しかもホラー映画は初めてなので、楽しみにして行ったのですが、券を買ったときには既にまともな席は残っておらず、前から2列目の真正面になってしまい、あまりにスクリーンに近くて画面が視野に入りきらないし、何だか圧迫感を感じる上に、こんな間近で残虐シーンを繰り広げられたらどうすればいいんだ、という緊張でお腹が痛くなり、気分的にはあまり良くない状態で見ることとなりました。

こんな状態で見た上に、自分、これがロメロの「ゾンビ」のリメークだということを映画を見た後で知った位なので、とっても的外れかもしれない感想です。

個人的には結構楽しめました。ご都合主義やツッコミどころは満載でしたが、ホラー映画のお約束も入れつつ、「普通ならこのポジションの人はここら辺で消えるのがお約束なのに最後まで残った」などの意外性があったし、登場人物の年齢層が高めのせいか、みな比較的理性的で、ホラー映画によくある、ちょっと理解不能な愚行を犯す人も少なかったし。妊婦のだんなにしても、ニコールのケースにしても、理解不能ではなかったです、個人的には。
何より、ゾンビがなぜ発生したか、事態をどう収拾すべきかなど難しいことは語られず(黙示録はよく知りません)、ただひたすらゾンビから逃げようとする人間とゾンビとの戦いを描くことに終始しているのが、単純明快で気持ちよかったです。登場人物たちも、ゾンビではない「人間」という存在でしかなく、個性化されていないので、無駄な人間ドラマがなくてストーリーがすっきりしていました(それだけに、唐突な愛の告白があったのは残念)。人間ドラマは好きですが、こういう映画はそれでいいのだと思います。

自分にとってこの映画で最もインパクトがあったのは(多分これを見た他の人もそうでしょう)、全力疾走するゾンビの姿です。ゾンビが走ること自体、新鮮なことらしいのですが、走るのはどうでもいい、走っている姿があまりに必死なんです。今まで見たホラーで、襲う側が必死な映画というのはなくて、例えば殺人鬼ならば一旦は被害者に引き離されても慌てず、裏をかいてくるし、モンスターならば高い身体能力で引き離される前に一気にやっつけにくるものですが、この映画のゾンビはそんな余裕はなくとにかく必死、つい応援しそうになるくらいでした。そのせいで、実際にいたらそれはもちろんこわいですけれど、映画として見る分には恐怖の対象としては弱かったように思います。殺し方も、主人公たちの方が、絵的にえげつなかったし。

そういうわけで、映画もあまりこわくなく、そういう意味でも自分には合っていたのですが(「ペットセメタリー」みたいなことされたら卒倒していた)、ホラーファンには物足りなかったでしょう。冒頭はいい雰囲気出していたと思いますが、特に後半は敵がモンスターなだけの、単純アクションものでした(前半、いちいち怖そうなシーンで身構えていた自分もいつのまにかリラックスしていました。そういうときに起こるチェーンソー事件)。自分、アクション物が大好きだし、敵はデッドなわけですからいくら倒しても対人間のときの気まずさはなく、単純にスカッとできて、楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.14

女子バレー、アテネ五輪出場決定

日本が韓国を3-0のストレートで下し、2大会ぶりの五輪出場を果たしました。
強かったですね~、日本。韓国に20点以上の得点を許さない、一方的と言っていい試合展開でした。マッチポイントとなった佐々木選手のサービスエース、かっこ良かった。締めの1点にふさわしい、見事なものだったと思います。
ただ、韓国は2セット目の途中あたりから、戦意喪失していたような印象を受けました。攻撃も雑になっていたし、粘りもなくなったような。とてもイタリアに逆転勝ちし、ここまで日本同様4連勝中だったチームには見えなくて、日本人としては気持ちのいい試合ではあったけれど、ちょっと見ていて物足りないような気もしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.10

F1スペインGP決勝

佐藤琢磨選手、残念でした。どうしてルノーに負けたのか、見ていて良くわからなかったのだけれど、チームの戦略が、向こうの方が一枚上手だったということなんでしょうかね。サンマリノもそうだったけれど、このところルノーはいいレース運びをしていますね。

そのルノーの片割れ、トゥルーリのスタートはかっこ良かったです、本当しびれました。

マクラーレンは・・・、2台揃って完走出来て良かった・・・としかいいようがないです。トラブルなしでルノーにまで周回にされるくらいですから。今回初めてライコネン、一つのエンジンで週末最後まで走りきったことになりますね。

ライコネンとモントーヤが同時にピットインして、ともにトラブっているのを見たときには、なんかがっかりを通り越してもう・・・。今シーズン序盤を象徴しているようなシーンだと思いました。(あえて「序盤」と言う)

バリチェロが2位に入ってよかったです。シューマッハ兄は本当に強いですね。毎回毎回、自分の足元からさらに5メートルは下のところを懸命に棒でつつくのが精一杯といった感じの他チームに脅威を感じるコメントを出すのも大変だろうなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.09

F1スペインGP

地上波組な上に仕事のせいで、やっと今ビデオで予選を見たところですが、凄いですね、佐藤琢磨選手。日本人予選最高位の3位。ぜひ、決勝でも日本人の最高位を塗り替えて欲しいです。少なくとも表彰台には上がってほしい。これまでのところ、バトンと佐藤の差は、能力の差というより、トラブルが出たか出なかったかの運の差のように自分には見えるので、バトンが上がれた表彰台に彼が上がれないことはないと思っています。

あとはバリチェロが本領発揮してくれることを期待します。

あと、F1とは関係ないけど、ロッテ小宮山の2001年10月5日以来、復帰後初の勝利、嬉しかったです。彼とヒルマンとともに、かつてロッテをシーズン2位に導いた阪神の某投手にも早く今季の初勝利をあげてほしいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.06

F1無線機のデジタル化

5月4日の日経新聞の記事より。
ケンウッドが、マクラーレンに、ドライバーとクルーがレース中の会話に使う無線機を全面デジタル化し、供給することになりました。これにより、通話の機密性が高まり、他チームが傍受することがほぼ不可能になるのだそうです。(ということは、解説の人が傍受することも不可能になるわけですね)早ければ、モナコからの導入となるそうです。

なんか自分は、新しいものにはこわいというイメージがありまして、特に電気・機械関係の製品は世間での評判を聞いてから手を出すというくちなので、ただでさえ新車でトラぶっているマクラーレンに、さらにF1初の試みを導入するというのはなんか・・・。まぁ、機械音痴の、根拠のない不安ですけど。

どうでもいいけど、日経新聞、さらりと「キミ・ライコネンを擁するマクラーレン・メルセデス・チーム」とか書いているけど(スポーツ欄でもないのに)、「キミ・ライコネンを擁する」とか言われても一般人にはピンとこないでしょうにね(シューマッハならともかく)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.04

ウィーン少年合唱団のコンサート

第19回ウィーン少年合唱団のコンサートに初日から行ってきました。
今回は伝統のオペレッタがなかったのですが、世界の民族音楽の合唱の際に、子供たちが打楽器やリコーダーなどで伴奏するというのがあって、それなりにおもしろかったです。団員が観客に拍手を要求したり煽ったりする場面があって、とても可愛かったのですけれど、なんかこう、ウィーンのイメージではないな、という気もしました。

歌に関しては、やはり思ったとおり、ソプラノが弱かったです。合唱だとまだそれなりに高音も出て、きれいなのですが(「本当の兄弟愛」の合唱はなかなか素晴らしかった)、ソロが・・・。ソリストみんな可愛らしい声だし、時折キラリと光るものがあるのですが、ソロを張るにはまだ訓練が必要な段階という感じがしました。アルトはきれいな声だし、ハモりもきれいでなかなか良かったです。もう少し声が大きければ言うことないのですが。ソロも、アルトの方は無難にこなしていました。特に、世界の民族音楽のコーナーで、インドの歌のソロを取った子は、声がきれいに伸びて、なかなか上手だったです。

曲のアレンジは良かったです。「ローレライ」とかアンコールの「さくら」とか。ただ、ピアノ伴奏のアレンジが随分くどかったです。歌がメインなのに、あんなにごてごてした伴奏にする必要はないんじゃないかと。先生のミスタッチが激しかったのもそれが大きな原因だと思います。そうそう、今回は、カペルマイスターが指揮と伴奏の両方を担当する以前のスタイルに戻りました。

まぁ、まだ初日だし、これからどんどん良くなっていくでしょう。先生も団員もサービス精神旺盛なノリのいい、感じのいい人たちだから、ぜひツアーが成功して欲しいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.01

ウィーン少年合唱団inスタジオパーク

5月から約2ヶ月にわたって行われるウィーン少年合唱団のコンサートツアー。今回から主催がテレビ朝日でなくなったり、ツアー期間が短縮されたりと、いろいろ変化がありますが、なんといっても一番の変化は、伝統のオペレッタの廃止でしょう。オペレッタはメインのソリスト以外の歌声も聞けるし、いかにも子供らしい可愛い演技と大人顔負けの歌声のギャップが魅力的だしで、自分としては外して欲しくなかったですけどね・・・。

それはそれとして、今回の来日組の合唱の最初のお披露目となったスタジオパークでのライブなんですが・・・、体の大きい子が多くてびっくり、でもその割にはアルトの声がよくとおる澄んだ声で良かったです。ただ、合唱団の華であるソプラノパートが、発声の面でも声量の点でも弱いのがちょっと気になりました。特に高音部。まぁ、でも、まだ最初ですからね…。

いろいろ演奏していたけど、個人的には「赤とんぼ」がよかったと思います。アレンジが結構好み。

そういえば、2000年に来日したメンバーの弟君がインタビューを受けていました。お兄さん同様、利口そうなしっかりした感じの子という印象、お兄さんよりちょっとやんちゃっぽかったけれど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »