« F1ヨーロッパGP予選 | トップページ | 佐世保の事件報道を見ていて »

2004.05.31

F1ヨーロッパGP決勝

何かこう、いろいろな意味で今季の通常のレースに戻ったという感じでした。危なげないミハエル・シューマッハの勝利、いいところにさりげなく入ってくる2台のルノー、上位が崩れて表彰台に上るバトン、相変わらずエンジントラブルで消える佐藤琢磨選手とマクラーレン。

佐藤選手は本当に残念でした。今回はレース展開もすごく上手くいっていたのに。「遅かれ早かれエンジンが」とインタビューで言っていたけれど、もしもエンジントラブルが、地上波の解説で言っていたようにバリチェロとの接触が招いたものだとしたら、悔やまれますね、あんなに強引に行かなければ、と。実際、あの時点で強引に抜きに行く必要もなかったように思いますし。でもまぁ、ずっとレース中はチームメートの上に立っていたわけだし、これからに大いに期待が持てる内容だったと思います。

マクラーレンはこんな調子だと、トヨタとジャガーに一気に抜かれる可能性もありますね。エンジン替えたクルサードまでブローしているのだからどうしようもない。ライコネンはこの週末好タイムを出し、予選も4位につけ、決勝もよそ様には大変迷惑をかけつつピットインまで2位をキープして頑張っていたし、クルサードも素晴らしいスタートで順位を上げてずっと無理せず頑張っていた。ドライバーたちが頑張っているのに、マシンに足を引っ張られてそれが結果に結びつかないのは見ていてつらい、というかそれを毎回毎回見せられるのにはいいかげんうんざりです。ライコネンが、止まってからさすがに頭を抱え込んでいたのは本当に気の毒でした(しかし、そのあとマーシャルの引くマシンにお姫様座りで乗っかっていたのはなんだったのだろう)。

今回、個人的に面白かったのが、クリエン対モントーヤ。クリエン、結局抜かされてしまったけれど、あのオーバーテイクの名手のモントーヤ相手に、ルーキーながらよく頑張っていたと思います。モントーヤはそれ以外にも結構オーバーテイクしていたと思うけど、順位が順位だから・・・。ウィリアムズの二人はチームメイト同士でも本当によく接触事故を起こしますね。巻き添えを食ったダマッタが気の毒でした。そういえば、今回2台揃って遅かったウィリアムズ、どれくらい燃料入れていたのか気になっていたけれど、結局わからずじまいだったのが残念でした(ものすごく軽いと勝手に思っていたライコネンが、ルノーやBARのバトンと同じくらいだったのが意外でした。ルノーやBARが予定変更したのかもしれないけど)。

どうでもいいことですが、地上波、実況と解説のテンションと声の大きさが違いすぎて、困りました。ちょっと実況の人はうるさすぎますね、いくらなんでも。夜中に放映するものなんだから。

|

« F1ヨーロッパGP予選 | トップページ | 佐世保の事件報道を見ていて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30221/683649

この記事へのトラックバック一覧です: F1ヨーロッパGP決勝:

« F1ヨーロッパGP予選 | トップページ | 佐世保の事件報道を見ていて »